コミック感想 ら行

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ラストイニング 27巻(11/15)
  3. 龍時 10巻(08/21)
  4. ラストイニング 26巻(08/09)
  5. LIAR GAME 8巻(01/22)
  6. リアル 8巻(10/30)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ラストイニング 27巻

2010.11.15(20:38)
ラストイニング 27巻の感想
週刊スピリッツで連載中の、高校野球漫画ラストイニングの最新巻です。
県大会決勝戦の大詰め9回まで来ました。

そこでとある一打の後におきたプレイは、審判団でも意見が分かれるようなプレイ。
サイガク野球部監督がかつて高校生だった時代に因縁のある審判団顧問が登場。

裁きと言うか、関与というか、彼は彼の信念で動いているのが良くわかるシーンでしたね。

そのシーンと、マネージャーがエース日高を立て直すシーンが、この27巻の見所でしょうか^^

王者とのガップリ四つに組んだ対決、この決勝戦の決着は28巻に持ち越しです。

今後の選手達の成長と、展開も楽しみです^^

ラストイニング 27巻のあらすじ
 王者を倒して甲子園へ…県大会決勝、最終回の攻防!!

夏の甲子園出場をかけた県大会決勝戦。
負ければ廃部の我らがサイガク野球部vsセンバツベスト8の大本命・聖母学苑の試合は劣勢が予想されたサイガクが
土壇場9回にエース・日高の一打で勝ち越し、さらに4番・剛士の無心の一撃が聖母の息の根を止める!?

しかし、この一打は誰も予想しえなかった前代未聞の展開を招いてしまう…!!
甲子園へ行くのはどっちだ!? 目の離せない死闘継続中!!

中原 裕 (著), 神尾 龍 (著)  小学館


龍時 10巻

2010.08.21(18:31)
龍時 10巻の感想
欧州サッカーに挑戦中の若者の奮闘を描くサッカー漫画龍時。
ベンチ入りできない日々が続いていましたが、いよいよ出番が。

敵にリードされている中での投入ですが、果たして主人公リュウジはムードを変えられるでしょうか。

U-17で欧州挑戦をリュウジに決意させたビクトル。

まったく覚えていないかと思ったら、ちゃんと覚えていましたね、リュウジのことを。

今後もいいライバルとして登場しそうですね。

龍時 10巻あらすじ
セビージャとの“アンダルシーア・ダービー”から、ベンチ入りすら出来ないリュウジ。好調のチームを横目に出口の見えない暗闇にもがく日々が続くが、主力選手の負傷により久々にベンチ入りを果たす。対戦相手はかつてU-17代表で対決した因縁の宿敵、ビクトルを擁するバレンシア。ビクトルの活躍でリードを許す厳しい展開の中、ついに雪辱に燃えるリュウジがピッチへ送り出された!!

戸田 邦和 (著), 野沢 尚 (クリエイター)


ラストイニング 26巻

2010.08.09(19:54)
ラストイニング 26巻の感想
週刊スピリッツで連載中の高校野球漫画、ラストイニング。
この高校野球マンガの最大の特徴は、エースや4番、キャプテンが主人公ではないこと。

鳩ヶ谷監督が主人公なわけですが、当然野球マンガなので、選手達が試合する場面が多いわけです。

監督の采配が見所なのはもちろんですが、監督が育てた選手達が、自分達で考え、成長し、のりこえていく様も見所です。

そして最新巻の26巻は、県予選の決勝戦の途中です。
これに勝てば甲子園。

しびれる戦いが続きます。

大本命の強豪校である聖母学苑絶対的なエースに立ち向かう鳩ヶ谷監督率いるサイガク。

ここまで来たら、勝たせてあげたいですが、高校球児たちは、全国で1つのチーム以外はどこかで負けて、涙して去るわけです。

ちょうど今、リアルでも夏の甲子園をスポーツニュースで見るので、余計にしみじみときます。

負けてもなお得るものがある、そして勝つことで得られることもある。

何かを必死で取り組んだ経験は、その後の人生で何事にも変えがたい経験ですよね。

青春万歳!

ラストイニング 26巻あらすじここで負けたら全てがゼロ・・・甲子園まであと1つ!!

夏の甲子園出場をかけた県大会決勝戦。
負ければ廃部のサイガク野球部vsセンバツベスト8の大本命・聖母学苑の試合は
1-1の同点のまま終盤7回に突入!!

快調なピッチングを続けてきた相手エース・明石がこれまでに見せたことのない不可解な「兆候」を見せ始めたことに目ざとく気づいた鳩ヶ谷だった・・・
その驚きの分析結果とは!?
そしてこれが、明石を一気に突き崩す突破口となるのか!?

中原 裕 (著), 神尾 龍 (著)  小学館


LIAR GAME 8巻

2009.01.22(00:04)
LIAR GAME 8巻の感想

週刊少年ジャンプで連載中のLIAR GAME。
この巻でも直はまあいいんです。いつもどおりのまっすぐな直でしたし。

8巻の不満は、秋山が勝負に使ったトリック。
17ポーカー自体が、ゲームとして未熟なので、パーフェクトシャッフルで順番がああなるのなんて、すぐ誰でも気づいてしまうような仕組みなので、それを切り札に華麗に逆転、って子供だましに見えてしまいました。

割と過去のLIAR GAMEは裏をかく部分とかちゃんと考えられていて、おもしろかっただけに残念です。
そろそろネタが尽きてきたのでしょうか。

今後の復活に期待したいところです。

LIAR GAME 8巻あらすじ
敗退すればLGトーナメントから離脱しなければならない背水の敗者復活戦。
3回戦で戦った仲間たちを救う為、巨額の負債を背負った直と秋山にとっては、絶対に負けることの許されない戦い・・・
先鋒・フクナガが初戦を引き分け、阿野のなくなった秋山を中堅戦で迎え撃つのは、謎の男・キクチ。
17枚のカードを使った変則的な戦い”17ポーカー”に必勝法を見出したキクチは、秋山を絶対絶命の窮地へと追い詰める・・・。
しかしそのこから不可能を可能にする男、秋山の華麗なる大逆転劇が始まった。

LIAR GAME 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
LIAR GAME 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
甲斐谷 忍

関連商品
LIAR GAME 7 (7) (ヤングジャンプコミックス)
LIAR GAME-roots of A―甲斐谷忍短編集 (ヤングジャンプコミックス)
霊能力者小田霧響子の嘘 2 (2) (ヤングジャンプコミックス)
シバトラ 10 (10) (少年マガジンコミックス)
Q.E.D.-証明終了- 32 (32) (月刊マガジンコミックス)
by G-Tools

リアル 8巻

2008.10.30(19:54)
リアル 8巻 の感想

あの井上雄彦さんが描く障害者バスケ漫画リアル、週刊ヤングジャンプで不定期連載中の作品です。
スラムダンクやバガボンドももちろん良い作品ですが、このリアルも名作です。

7巻の感想にも書きましたが、不定期連載でなかなか進行しないので、単行本の発売ペースが遅い点以外、この作品に不満はありません。

この巻でも、リアルの見どころである登場人物の内面の変化、成長がこれでもかと伝わってきます。
こういうテーマを読ませて、面白く、そして考えさせられるというのは、本当にすごいことだと思います。

この8巻では、新たな16歳の新たなメンバー水島亮君が一歩を踏み出し、タイガースに加わります。

高橋君も自分自身をようやく受け入れはじめ、リハビリに取り組む姿勢が変わってきました。
しかしそれにしても、彼がバスケに加わるまで、相当ひっぱりますね(笑)
まだまだかかりそうです。

そしていい味出しているキャラ野宮。
東京ライトニングスのトライアウトを受けることを決め、バスケの練習を始めます。
まわりの人たちの姿に勇気づけられ、考えさせられ、再度自分の道を進み始めた彼もまたこの作品の中で、大きく変わっていく1人です。

個性的な面々の成長が楽しみで仕方ありません。

まだこの作品を読んでいない方、すぐ手に取ってください。激しくオススメです!

作品あらすじ
 リアル あらすじ
 3人の登場人物(戸川、野宮、高橋)を中心に描く車椅子バスケ漫画。
 主人公の戸川清春は中学時代は天才スプリンター。骨の癌により、陸上を断念し車椅子バスケの世界へ。19歳で日本代表に選ばれ、これからが期待されるホープ。
 野宮はバスケを辞めてから何もかも上手くいかなくなり、バイク事故、高校中退と不運続き。戸川の頑張りに刺激され、自分の道を探しながら奮闘中。
 高橋はバスケ部キャプテンだったが、事故に遭い車椅子の生活に。両親は幼い頃に離婚、母子家庭で育つ。昔はエリートサラリーマンで現在は陶芸家の父親と再会。
現在、やさぐれてリハビリ放棄中。

井上 雄彦 (著)  集英社

漫画全巻.com リアル セット

イーブックオフ 中古本 リアル


リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
井上 雄彦

関連商品
ベルセルク 33 (33) (ジェッツコミックス)
BECK volume34 (34) (KCデラックス)
GANTZ 24 (24) (ヤングジャンプコミックス)
太陽の黙示録 建国編 2 (2) (ビッグコミックス)
キーチVS 2 (2) (ビッグコミックス)
by G-Tools

前ページ | ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。