コミック感想 わ行

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 湾岸ミッドナイト C1ランナー 5巻(03/16)
  3. ONE PIECE 61巻(02/04)
  4. 湾岸ミッドナイト C1ランナー 4巻(12/12)
  5. WORST 25巻(11/08)
  6. ONE PIECE 60巻(11/05)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

湾岸ミッドナイト C1ランナー 5巻

2011.03.16(00:26)
湾岸ミッドナイト C1ランナー 5巻の感想
週刊ヤングマガジンで連載中の走り屋漫画、湾岸ミッドナイトの続編、C1ランナーの最新巻です。
この漫画に出てくる”大人たち”って、本当に強いこだわりというか信念を持って生きている人が多くて、読むたびに、自分の中のあいまいな部分というか、流されている部分に嫌でも気づかされます。

私自身、自分で車を保有していないほど、車にはこだわりがありません。

なので車の構造や、改造に興味もそれほどありません。

それにもかかわらず、この作品にひかれるのは、大人が若者に伝えようとする、生き方、本物、にあついものがつまっていて、それがまぶしいからです。

湾岸ミッドナイトの1巻を見てもらうとわかるのですが、絵がヒドイです。
C1ランナーではだいぶ見やすくなっているのがわかると思います。

おそらく湾岸ミッドナイトを絵を毛嫌いして手にとっていない人も多いと思いますが、C1ランナーから読んでも、十分その魅力がわかりますし、内容もちゃんとわかります。

C1ランナーからでも読んでもらって、その中身に惹かれれば、ぜひ湾岸ミッドナイトのほうも読んでみて下さい。

ちなみに、この5巻は、その大人が若者に伝えようとする、というテーマ全開の巻です^^

湾岸ミッドナイト C1ランナー 5巻あらすじ
 自動車評論家の荒井が主導するチューニング雑誌「GTカーズ」復活の動きに、かつて「マッドドッグ」と呼ばれた32GT-R乗りの佐藤も巻き込まれていく。
そして、かつて佐藤のRを整備した渋川という男の存在が浮上。
渋川は、口ではノブやRX-7をけなしつつも、面倒をみたいと申し出る。
そんな中、佐藤はノブとの走りに向け、RGOのリカコと組むことを決める。
その走りを最後に、走り屋という形から降りることを決意しつつ

楠 みちはる (著) 講談社


ONE PIECE 61巻

2011.02.04(14:49)
ONE PIECE 巻61の感想
週刊少年ジャンプで連載中の海洋冒険漫画ワンピースの61巻が発売になつたので早速読みました。
散り散りになった仲間達が、それぞれの飛ばされた先で、主人公ルフィのメッセージを理解し、自分を鍛え上げるため、それぞれの強みを磨いていきます。

そしてルフィ自身も、レイリーのもとで彼自身の強さをもう一段高みに上げるため、修行にはげみます。

ゾロが彼のところに修行をつけてもらいに行くとは思いませんでした。

それにニコ・ロビンがルフィの父であるドラゴンのところに合流したのも意外でした。

それぞれが、離れた場所で何をしていたのか。

今後少しずつ明らかになってくると思います。

2年の月日が流れ、ルフィのメッセージどおりの集合場所に集まる仲間達。

新世界への冒険に向けて、それぞれが成長して再結集した、麦わらの一味。

そこは彼ららしくドタバタに巻き込まれます。

白ひげ編は、ルフィが別の仲間と組んで戦う場面が続いていたので、このメンツが集まるのは久しぶりで、懐かしい感じすらします。

今後の彼らの冒険と、活躍が楽しみですね^^

ONE PIECE 巻61 あらすじ
ルフィからのメッセージを読み取り、来るべき時に備える“麦わらの一味"。それぞれの想いを胸に、再結集するルフィ達は、「新世界」へ向けて、更なる冒険へと旅立つ!! “ひとつなぎの大秘宝"を巡る海洋冒険ロマン!!
尾田 栄一郎 (著)  集英社

全巻.com ONE PIECE [ワンピース]セット
イーブックオフ 中古本 ONE PIECE




ONE PIECE関連リンク
ONE PIECE ドットコム

湾岸ミッドナイト C1ランナー 4巻

2010.12.12(23:38)
湾岸ミッドナイト C1ランナー 4巻の感想
週刊ヤングマガジンで連載中の首都高を舞台とした湾岸ミッドナイトの続編、C1ランナー編の4巻です。

リカコや荻島のように、湾岸ミッドナイト本編にも出てきている登場人物もちらほらいますが、基本的にはこれからはノブが主人公になっていく雰囲気。C1ランナー編、最初はてっきり荻島が主人公なのかと思ったんですけど、最近の展開では、ノブなのかなあと。

走りあうことでわかっていく関係、そして大事なこと。

前作の空気はそのままに、メンバーとメインストーリーが変わっているこのC1編。

最初は、前作の主人公がいないことを寂しく感じてましたが、やっとこのC1編に慣れてきました。

C1ランナー編の流れを作っているのは、まわりを巻き込むエネルギーを持つ荒井。

まだ謎の多い人物ですが、しばらくは彼が次の展開に進めていく感じがします。

いったいGTカーズをどうしていきたいのか、そしてどこかのタイミングで、前作に出てきた登場人物達がこれからもでてくるのか、そのあたりが今後の展開の楽しみです^^

湾岸ミッドナイト C1ランナー 4巻のあらすじ
 RGOをやめて自動車ライターとなった荻島は、かつて編集していた「GTカーズ」をweb上で展開し、評判をよんでいた。
そんな時、自動車評論家の荒井が、新「GTカーズ」を起こすべく、荻島らを誘いに来た。「読者参加型のドレスアップ中心の合法的な楽しいチューニング」が新「GTカーズ」のメインテーマだが、「首都高最速は誰か?」という本音のテーマがあった! 首都高を舞台に『湾岸ミッドナイト』のセカンドステージが始まる…!!

自動車評論家の荒井が主導するチューニング雑誌「GTカーズ」復活の動きに、荻島やノブら、様々な人間が関わるようになっていく。
荒井の次の狙いは、かつて「マッドドッグ」と呼ばれた32GT-R乗りの佐藤。佐藤のRを駆る機会を得たノブは、最初は、セブンとRの差に戸惑うが、徐々に順応していく。
それを見たリカコは、C1外回りのタイムアタックの許可を佐藤から取るが、佐藤の中で何かが燻り始めて…!

楠 みちはる (著)  講談社


WORST 25巻

2010.11.08(14:41)
WORST 25巻の感想
武装と毒蛾の抗争の続きです。
なので、主役である花は、ちらっと出てくる程度で、ケンカもなし。
ただまあいい場面ではありますけどね。

そして、鈴蘭でバトルに参加したのは、あの大魔王(笑)
あの人は、いつも受身ですが、からまれますね、目立つのと、たまたまいる場所があれなので。

いよいよ場所・時間がセットされ、全面対決となりそうですが、対決自体は、次巻です。

武装戦線は人気チーム(読者から)なので、いい場面が多いですし、役者がそろってますね。

24巻の感想でも書いたんですけど、本編は花主役で、武装は外伝にしたほうが、スッキリすると思うんですけどもね・・・

WORST 25巻あらすじ
E.M.O.Dとのバトルが本格化し始めた武装戦線。
毒蛾の手先、ザクロ兄弟が乗り込んできて、事態はますます泥沼化して…!?
高橋 ヒロシ (著) 秋田書店

漫画全巻.com WORST ワースト セット

漫画全巻.com クローズ [完全版] 全19巻セット



ONE PIECE 60巻

2010.11.05(07:29)
ONE PIECE 巻60 の感想
週刊少年ジャンプで連載中の海洋冒険漫画ワンピースの60巻の感想です。
この60巻は先日ニュースでやっていた、初版発行部数340万部という書籍の記録更新の巻です。

前半は、子供時代の主人公ルフィと義兄エース。

エースを失い、悲しんでいたルフィも、周りの助けにより、徐々に回復。

そして、新たな旅立ち、仲間との再会を胸に、一歩踏み出します。

女人島に、レイリーが来るシーンで、なぜわかったか明かすシーンで、「ほれちゃったんじゃない。モンキーちゃんかっこいいもの」というコメントの絵、何かいいですよねー。

ワンピースって、絵柄とか子供っぽいですし、ストーリーも子供でもわかりやすい感じなんですけど、ああいうふとしたセリフ、表情に、時々大人を感じます。

このあたりも、大人にも愛される理由の1つなのかもしれませんね^^

ONE PIECE 巻60 あらすじ
悪童3人、エース・サボ・ルフィの身に何があったのか!?
今、過去の出来事が明らかに!!――エースを喪ったルフィは、この悲しみを乗り越える事が出来るのか…!?
“ひとつなぎの大秘宝"を巡る海洋冒険ロマン!!
尾田 栄一郎 (著)  集英社

全巻.com ONE PIECE [ワンピース]セット

イーブックオフ 中古本 ONE PIECE




ONE PIECE関連リンク
ONE PIECE 集英社
ONE PIECE ドットコム
前ページ | ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。