スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Pumpkin Scissors 7巻

2007.05.19(12:49)
Pumpkin Scissors パンプキン・シザーズ 7巻 の感想

前半のアリス少尉の実家でのほのぼのとした雰囲気が、殺伐としてくる後半と対照的な7巻です。

国境の街カルッセルの異様な雰囲気。ランデル・オーランド伍長が撃たれてしまいます。

ヴィッター少尉も一癖ありそうな人物ですが、今のところそれほど悪い人ではなさそうな雰囲気ではあります。
彼は彼の正義を貫いているのでしょうね。

アリス少尉のアンバランスながらも自分の正義を信じ前に進む姿が見所のパンプキン・シザーズ。

これからも様々な矛盾にまっすぐに立ち向かう姿を期待しています^^

作品あらすじ
 社会を覆う欺瞞のブ厚い皮を斬り裂き、腐敗したその実を暴き出す!!
帝国陸軍情報部第3課 通称― Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)!!!
それは、“戦災”という名のもう1つの戦争だった・・・
永きにわたるフロスト共和国との戦乱は、帝国内各地に深い傷跡を残した。飢餓、疫病、兵隊の野盗化・・・・。国土と人心の荒廃によって生まれ落ちたそれら“戦災”を憂慮した帝国軍は、陸軍情報部内に第3課を設立し、戦災復興任務に当たらせることとした。
『薄氷の条約』と呼ばれた停戦から3年。有形無形の様々な障害を前にして、陸情3課は未だ戦災復興を成し得ていなかった。ばかりか、無意味な書類の山に埋没し、臣民の不満を抑制する“言い訳(プロパガンダ)”部隊だと嘲弄される日々・・・。だが、それでも任務を果たそうと邁進する彼らに対し、ある日、ひとりの男が助力を申し出る。
それは、焼硬鋼(ブルースチール)のランタンを腰に提げ、大重量の単発拳銃を片手で操る、巨漢の復員兵だった・・・!

7巻あらすじ
 国外情報収集を主任務とする陸情2課の暗号文書を偶然発見した3課は、72時間の拘束・監視を言い渡される。文面を見ていないアリス少尉とオーランド伍長は拘束を免れたが、監視の一環として2課との合同任務を半ば強制され暗号の差出人が潜伏する国境の街カルッセルへ出張調査へ向うこととなった。鉄路の檻に君臨する『国境警備隊』と『装甲列車』! カルッセルで3課を待ち受ける“戦災”とは!? 累計120万部突破!! 重量級ドラマ最新刊第7巻!

Pumpkin Scissors 7 (7)
Pumpkin Scissors 7 (7)
岩永 亮太郎

関連商品
Pumpkin Scissors 6 (6)
絶対可憐チルドレン 9 (9)
XXXHOLiC 11 (11)
Pumpkin Scissors 5 (5)
GUNSLINGER GIRL 8
by G-Tools

<<遮那王義経 21巻 | ホームへ | FAIRY TAIL 4巻>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/05/24 15:52】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/96-3198352b
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。