スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

センゴク 13巻

2007.05.08(20:26)
ヤングマガジンで連載中の戦国合戦漫画 センゴク 13巻 の感想

リアルな合戦シーンと人間味あふれる歴史上の人物達を描くことによって見ごたえのある作品になっているセンゴク。
13巻でもその魅力が満載です。

また今回は1巻からひっぱってきた主人公仙石権兵衛秀久と幼馴染み・侍女のお蝶の悲しい再会も描かれています。

この作品の秀吉はちょっと男としてかっこよすぎますが、実際魅力の無いボスのためには家臣がついていかないと思うので、一般的な他の歴史作品に登場する秀吉よりも、このセンゴクの秀吉のほうが実際に近いのかもしれません。なにしろ下からあそこまで上り詰めた立志伝中の人物ですから。

一方センゴクは感情的に動くものの、何が大事か肌でわかっている直感的な性格ですが、親分の秀吉にも信頼され、彼自身も成長してきています。
今後もセンゴクが秀吉軍の先駆けとして戦場を駆け回る姿が楽しみな作品です^^

13巻あらすじ
一乗谷炎上編より、小谷城虎口攻め編へ!!
織田軍の怒濤の大追撃。朝倉軍に壊滅的打撃を与えた信長は神速の行軍によって山崎吉家、斉藤龍興らをつぎつぎと討ち果たした。
羽柴秀吉軍は一乗谷突入寸前で朝倉景鏡を調略。見事義景を追いつめ、自刃させた。だがそこには手負いの鳥居景近がいた。そしてお蝶は・・・。一乗谷炎上編完結!!

宮下 英樹 (著)  講談社

全巻.com センゴク セット


センゴク 13 (13)
センゴク 13 (13)
宮下 英樹

関連商品
センゴク 12 (12)
センゴク 11 (11)
覇-LORD 8 (8)
センゴク 10 (10)
バガボンド 25 (25)
by G-Tools


リンク
 センゴク ヤンマガ
 
<<エンジェル・ハート 22巻 | ホームへ | 鉄のラインバレル 6巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/85-aaeaa4bd
  • 「センゴク」レビュー【コミックレビュー トラックバックセンター】
    「センゴク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *匁作者:宮下英樹 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(
【2007/05/09 15:44】
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。