スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

チェーザレ 破壊の創造者 3巻

2007.04.23(18:16)
週刊モーニングにて不定期連載中の チェーザレ 破壊の創造者 3巻 の感想

世界史を勉強してから読むと、面白さ倍増のこの作品。
巻末にかなり歴史的な背景等が紹介されているので、本編を読んでからそちらを読むとかなり知識が補完されます^^

3巻では凝り固まった考え方のフランス人をチェーザレが人を引きつける彼らしいやり方で打ちのめします。

マキャヴェッリも登場し、これからのチェーザレとのからみを期待させます。

あの時代が甦ってくるような絵、登場人物の存在感、引きつける展開、なかなか他には無いレベルの漫画だと思います。
文句なくオススメの作品です^^

3巻あらすじ
 現代政治学の祖、マキャヴェッリ登場。
死期が迫る教皇。次期選挙に向け謀略を練る枢機卿達。ピサではまた1人、策士がチェーザレに近付く。彼の名はニッコロ・マキャヴェッリ。この2人の出会いは運命か、それとも宿命か。
「史実の十分な考証を踏まえたこの作品において、私の最大の楽しみはチェーザレ・ボルジアとマキャヴェッリの出会いがどう描かれるかである。チェーザレはどこまでマキャヴェッリのアイドルだったのであろうか、と」 佐々木毅(学習院大学教授・前東京大学総長)

作品あらすじ
 歴史の闇に葬られた人類史上、最も美しき英雄、チェーザレ・ボルジアの真実が甦る。新鋭ダンテ学者・原基晶が監修。世界的に最も定評のあるサチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝のイタリア語原書を翻訳し、精査を重ね生まれた全く新しい物語。

惣領 冬実 (著)  講談社

チェーザレ 3―破壊の創造者 (3)
チェーザレ 3―破壊の創造者 (3)
惣領 冬実

関連商品
チェーザレ 2―破壊の創造者 (2)
チェーザレ 1―破壊の創造者 (1)
プライド 7 (7)
海街diary 1 (1)
秘密-トップ・シークレット 3 (3)
by G-Tools

<<特上カバチ!!-カバチタレ2 8巻 | ホームへ | ゴッドハンド輝 34巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/56-d77cf64e
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。