スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 23巻

2011.11.28(17:36)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 23巻
安彦良和さんが描くガンダム。幼少の頃アニメで見ていたファーストガンダムが、マンガの世界に蘇らせてくれた作品の最終巻です。

巻末に作者インタビューが掲載されており、作者のこの作品に対する姿勢がわかります。

これだけファンが多い作品の、マンガ化にはいろいろな障害があったと思いますが、素晴らしい出来の作品だと思います。

ちょっとした人物の表情、戦闘シーン、登場人物同士のおなじみのやりとり。

どれもが上手に再現されており、またちょっとした味が追加され、読みがいがあるマンガに仕上がっています。

この23巻では、アムロ、シャア、アルテイシアのからみや、ホワイトベースに同乗していたちびっこたちのニュータイプとしての目覚めまで、きちんと描かれており、昔見た映像が懐かしく、思わずにやりとしてしまいます。

このガンダム作品には、思い入れがある方、ちょっとだけ知っている方、いろんなスタンスの人がいると思いますが、読んで損はない作品だと思います^^

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 23巻あらすじ
ジオンの捕虜となったセイラはアルテイシアを名乗りラル派の残党を糾合、ギレンを暗殺し全軍を掌握したキシリアに叛旗をひるがえす。
一方ガンダムを失ったアムロはシャアのあとを追って要塞深部へ向かった。

安彦 良和 (著) 角川書店



<<capeta 26巻 | ホームへ | キングダム 24巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/522-6b84828e
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。