スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

軍鶏 26巻

2011.11.01(00:34)
軍鶏 26巻の感想
原作者との訴訟沙汰による長い休載を経て、再開後の新巻です。
この作品は、主人公自体が少年時代に両親を殺害したことにより入った少年刑務所で過酷な環境に身をおき、そこで出あった空手を通じてのし上がっていくストーリーなのですが、いわゆる主人公が善で成長していくような典型的な格闘技漫画とは一線を画し、一般常識で言えばあくどいことをいまだ平気で行える主人公です。

格闘技の迫力は伝わってきますが、本編のストーリーはそういう問題を含んでいるため、賛否分かれる作品だと思いますし、合わない人も多いと思います。

この巻の前半で描かれているような格闘技の迫力は、なかなか他の作品では見ることができません。

一線を越えてしまっている作品だからこそ書ける狂気みたいなものがあらわれています。

誰にでも勧められるような作品ではありませんが、新巻が出ると、手にとってしまいます・・・

軍鶏 作品内容
 収監された少年刑務所でナルシマリョウを待っていたのは、悪魔のような連中の残酷な仕打ちだった。ボロボロになった彼は、期せずして「空手」との運命的な出会いを果たす。
たなか 亜希夫 (著)  講談社


【送料無料】軍鶏(26)
<<NARUTO―ナルト― 58巻 | ホームへ | GIANT KILLING 21巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/511-a8e781f5
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。