スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

バクマン。 15巻

2011.10.15(18:00)
バクマン。 15巻の感想
週刊少年ジャンプで連載中の漫画家・ジャンプ編集部の舞台裏を描いた漫画、バクマン。の最新巻です。
私は、この漫画がスタートしたときは、少年2人が純粋に漫画家を目指す漫画なのかなと思っていたのですが、そうではなくて、むしろ漫画家になってから、編集部とどうやりとりして、連載作家がどうステップアップして、どういう悩みを抱えててというような、舞台裏にウエイトをおいた漫画でした。

バクマン。が連載されているのは、週刊少年ジャンプです。
小学生の男の子から、昔から読んでいるおじさん世代まで、幅広く読んでいる人がいるとは思いますが、マガジンや、チャンピョンと比べても低年齢を対象にしているはずの漫画ですし、もちろんヤングジャンプやスピリッツの読者層よりもはるかに子供よりでしょう。

その世代を対象に、なんか夢を壊すような裏側を見せるのは、どうかと思ってしまうんですよね。

この漫画自体は、別に良くできていると思うんですけど、連載する雑誌は、もう少し現実をわかっている年代以降に読む漫画雑誌のほうがいい気がして。

15巻の直接の感想からは、ちょっと離れてしまいましたが、バクマン。の感想を書くときには、つい触れたくなる疑問点でした。

15巻は、若い主人公2人が、新たな苦境を乗り越えていく展開です。

この2人の成長と、個性的なライバル達、そして漫画に対して熱い思いを抱いている編集部。

いろいろ見どころはある漫画ですが、普段読んでいる漫画の世界の裏側を見てしまうさみしさみたいなものは、やはり感じてしまうのは、私だけでしょうか・・・

バクマン。 15巻あらすじ
 人気が急落し、焦る七峰は、起死回生を狙い最高達にある条件で勝負を挑む!!
果たして結果は・・・!?
その勝負が終わったのも束の間、テレビから衝撃のニュースが流れてきて、亜城木夢叶に最大の危機が訪れる・・・。

小畑 健 (著), 大場 つぐみ (原著)  集英社


【送料無料】バクマン。(15)
<<ベルセルク 36巻 | ホームへ | おおきく振りかぶって 17巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/507-acc37185
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。