スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

GIANT KILLING 20巻

2011.07.23(08:41)
GIANT KILLING 20巻
モーニングで連載中の監督が主人公のサッカー漫画、GIANT KILLINGの最新巻です。
この巻の主役は、対戦相手モンテビア山形の佐倉監督。
サッカーへの情熱と、知識にあふれるも、プレイヤーとしての才能がなかった10代。

達海監督の選手時代の試合を見て、自分のサッカー観に近いことを知り、そして自分のサッカーの見方が間違っていないことに自身を持ち、監督を目指す。
雑用のスタッフからチームに入り、ユース監督等を得て、モンテビア山形の監督にまでなり、2部を勝ち抜き、1部リーグに上がってきたら、なんとあのあこがれのタツミが、ETUの監督に・・・・

佐倉にとってはこんな夢のような展開、いま力を出し切らないで、いつやるんだという感じですよね。

後半、思い描いていた攻撃的システムへの変更を行う佐倉。

そしてタツミは、それをピタっと予想し、対応。

こんな監督同士のかけひきが熱いサッカー漫画は他にありません。

選手の視点ではなく、1つの感動的なゴールにスポットをあてるわけではないサッカー漫画。

新しいサッカー漫画の分野を切り開いているこの作品、今後も楽しみです^^

GIANT KILLING作品内容
 達海猛35歳、職業サッカー監督。
今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。
現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

GIANT KILLING 20巻あらすじ
 ETUの猛攻に耐え続けるモンテビア山形。
その間、山形の監督・佐倉も考え続けていた……新たなシステムの起用。
そのシステムは、達海も事前に気づき恐れていた、山形進化への可能性だった!!

ツジトモ (著), 綱本 将也 (企画・原案)  講談社


【送料無料】GIANT KILLING(20)

<<capeta 25巻 | ホームへ | 3月のライオン 6巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/498-b25a1a52
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。