スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

あひるの空 32巻

2011.07.18(08:29)
あひるの空 32巻の感想
週刊少年マガジンで連載中の高校バスケ漫画 あひるの空の最新巻です。
インターハイ地区予選を戦う主人公空とクズ高。
ただこの32巻の主役はどちらかというと対戦相手の川崎霞。
2年生の牧野君。
背が低く、バスケ部でイジメにあっていた彼が、誰にも見られない時間に特訓していたディフェンス。
新任の顧問の先生の下、一年生たちとともに、走る彼。

牧野君が必死に練習した出発点は、空。

顧問の先生の仕事ぶりとか、牧野君の成長とか、この巻、いいですよね^^

クズ高の存在感は薄いですが、それがさみしくならないくらい、あひるの空の魅力が出ている1冊です^^

49cmと小柄な高校生ながら、天性の才能を魅せるバスケ少年・車谷空!
入学先のクズ高で、最初はバスケをやるには困難な状況だったものの、空の熱意に影響を受けて、千秋・百春兄弟や、天才少年・トビなど続々メンバーが集まった!
順調に進みだしたクズ高バスケ部だったが、挫折や事件とあらゆることに巻き込まれていく‥‥。
バスケを愛する空たちは、数々の困難にどう立ち向かうのか!?


あひるの空 32巻のあらすじ
 インターハイ地区予選、2回戦。
クズ高の対戦相手は、練習試合を行ったことがある川崎霞。
だが、練習試合のときとメンバーが違い、15番の牧野以外、全員1年生になっていた。試合はクズ高優位で進むが、空は牧野のDFに苦戦する。
牧野をここまで成長させたきっかけ、それは練習試合での空だった‥‥!!

日向 武史 (著)  講談社


【送料無料】あひるの空(32)
<<3月のライオン 6巻 | ホームへ | 頭文字D 43巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/496-15a4ba8c
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。