スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

宇宙兄弟 14巻

2011.06.25(16:06)
宇宙兄弟 14巻の感想
モーニングで連載中の宇宙飛行士兄弟を描く、宇宙兄弟の最新巻です。
週刊連載が初の作者とは思えない安定感のあるこの作品ですが、この14巻の見所は、あたえられたポジションでベストを尽くす兄ムッタの姿。

かつて自動車メーカーでエンジニアをしていた経験を生かし、月面のナビシステムの改善策を提案。

斬新だけども、コストがそれほどかからずできる案。

そしてそれは日本の自動車メーカーとJAXAのノウハウを使う案。

まわりの協力をえながら前に向かう姿。

一方の天才肌の弟は、いままで経験したことない壁にぶつかっている最中。

今後、どうこの壁を乗り越えていくのか。

2人の兄弟が、幼い頃より思い描いていた宇宙の夢。

少年がそのまま大人になったような2人。

この宇宙兄弟の作品の魅力は、まさにこの2人なんですよね。

そのジンワリとした魅力にピンとこなければ、正直なところこの作品にもピンとこないんだと思います。

ストーリー展開だけだとのんびりしてますし、ハラハラさせる展開とかもあまりないですからね。

おっとりした雰囲気のなかでも、ときどきハッとさせられる発言や、行動力が光るムッタと、天才肌のように見えて、繊細で気を使うタイプの弟ヒビト。

これからもこの2人の活躍が楽しみです^^

宇宙兄弟作品内容
2025年、NASAは日本人宇宙飛行士・南波ヒビトを含む、第1次月面長期滞在クルーのメンバーを発表。
時を同じくして日本では、自動車の設計をしていた南波ムッタが会社をクビに。
大きく異なった運命を歩んでいたふたりの兄弟。
しかしそれぞれの未来が、幼少時代に交したある約束によって、動き出そうとしていた。

宇宙兄弟 14巻あらすじ
六太、バックアップクルーに抜擢!?
しかし、そんなに世の中甘くない。提示された条件が、ムッタを悩ませる。
一方、日々人も悩みを抱えていた──月での緊急事態が及ぼした影響は、心の奥深くに刻まれていたのだ。
月を目指す兄弟は、それぞれの悩みを抱え立ちつくしていた・・・。

小山 宙哉 (著)  講談社


【送料無料】宇宙兄弟(14)
<<優駿の門-アスミ 2巻 | ホームへ | 鉄拳チンミLegends 11巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/490-3711ae0e
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。