スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

NARUTO―ナルト― 56巻

2011.06.04(08:02)
NARUTO―ナルト― 56巻の感想
週刊少年ジャンプで連載中の長編忍マンガ、ナルトの最新巻です。
すでに開戦している忍大戦の続きなので、あちこちで蘇った伝説の忍びたちとの戦いが始まっています。

雲隠れのダルイの部隊が戦う金角・銀角は、九尾のチャクラを持ち、伝説の忍具を持つ強敵。
何しろ過去、火影と雷影を殺した兄弟です。
この戦い自体は、なかなか工夫されていて、この巻の華やかな見所となっています。
猪鹿蝶も活躍しますしね。

その後のアスマとの戦いではチョウジがまた一皮むけます。

一方半蔵とミフネの決闘というしぶい見所もあり、いろいろつまった56巻です。

しかし、これだけ短い間にいろいろ詰め込みすぎているのか、あれだけ強かったはずの伝説の忍びたちが、こんな簡単にやられちゃうんだ、というような印象を持ちますし、さすがにバタバタしているような進行です。

このあたりは大戦だからこその一時期のことなのか、作者がゆっくり進行させることに疲れてきてこうなったのかわかりませんが、作品の終わりが近づいている感じがしますね。

この56巻には主人公のナルトはちょっとしかでてきませんが、この大戦の終盤には出番があることでしょう。

サスケとの激突は大戦の最後なのか、あるいは大戦が終わったあとの進行で出てくるのかわかりませんが、どちらにしても、サスケとの戦いがこの作品のエンディングなのだと思います。

ここまで長く読み続けてきた作品なので、最後しびれるようなエンディングを見せてもらいたいですね^^

NARUTO―ナルト― 56巻あらすじ
 戦局拡大! 甦った英傑達との死闘を繰り広げる忍連合軍。
最前線で陣を張る第1部隊長・ダルイは、雲隠れの伝説の忍と呼ばれた金角・銀角兄弟を迎え撃つ!
九尾のチャクラと恐るべき忍具を持つ相手に勝機は・・・!?

岸本 斉史 (著) 集英社


 NARUTO-ナルト- 56 (ジャンプコミックス) (コミックス) / 岸本斉史/著
<<振り向くな君は 1巻2巻 | ホームへ | オールラウンダー廻 6巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/478-faa9da99
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。