スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

オールラウンダー廻 6巻

2011.05.28(08:14)
オールラウンダー廻 6巻の感想
EDENの遠藤浩輝さんが描くイブニングに連載中の総合格闘技漫画。
読んでいるだけで総合格闘技がどういうものか、それを競技として行っている人たちの練習、悩み、接し方、などがわかっていく作品です。

主人公の明るく素直なメグルと、対照的に影のあるかつての友人タカシ。

ジムの様々な先輩や同年代に影響を受けながら成長するメグルと、孤独なファイター的な雰囲気を漂わせるタカシ。

いろいろ対照的な2人は、再開後ほとんど会話をしていなかったものの、この6巻では、ついにタカシがメグルの成長を認め、ライバルの1人だと認識したような発言を。

元々面白かった作品ですが、さらに徐々に盛り上がってきました。

総合格闘技マンガ、というあまりメジャーじゃない分野の作品ですが、読み応えあるオススメの良作です^^

オールラウンダー廻 作品内容
打ち込めるものを探していた主人公の高校生高柳廻(メグル)は、かつて空手を習っていた経験から修斗を始める。半年ほど経ったある日、半ば強引に出場させられたアマチュアの大会で、幼馴染の山吹木喬と偶然に対戦。その後本格的に格闘技に目覚め、成長していく様子を描く格闘技マンガ。

遠藤浩輝 講談社 


【送料無料】オールラウンダー廻(6)
<<NARUTO―ナルト― 56巻 | ホームへ | キングダム 22巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/477-b38118c6
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。