スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

あひるの空 31巻

2011.04.19(09:14)
あひるの空 31巻の感想
週刊少年マガジンで連載中の高校バスケマンガ、あひるの空の最新巻です。
前巻の1回戦負けのダメージから切り替え、インターハイ予選へ挑むクズ高。
高校生にとって、最後のインターハイ予選、負けたら同じメンバーで戦うことはもうない最後の大会。

重いですよね・・・

どれだけその目標に向かって頑張れたのか、仲間と同じ方向を向いて何かを成し遂げようと頑張ること、なかなか年をとって同じことを経験できる人は少ないのではないでしょうか。

このとき、この場所、このメンバーでしかできないこと、それを経験している主人公空たちがうらやましいです。

この31巻では、われらがキャプテンの過去のとある出来事が明らかになります。

あの2人の恋愛の行方も気になりますね。

あひるの空作品内容
149cmと小柄な高校生ながら、天性の才能を魅せるバスケ少年・車谷空!
入学先のクズ高で、最初はバスケをやるには困難な状況だったものの、空の熱意に影響を受けて、千秋・百春兄弟や、天才少年・トビなど続々メンバーが集まった!
順調に進みだしたクズ高バスケ部だったが、挫折や事件とあらゆることに巻き込まれていく‥‥。
バスケを愛する空たちは、数々の困難にどう立ち向かうのか!?

あひるの空 31巻あらすじ
 関東大会地区予選、1回戦で敗退してしまったクズ高バスケ部。
すぐに始まるインターハイ予選へ気持ちを切り替え、練習を積み重ねる。
この大会が、現メンバーで戦う最後の大会。
そして、空にとっては、亡き母との約束が生きている大会。
それぞれの想いを胸に、ついに試合が始まる!!

日向 武史 (著) 講談社


<<空手小公子 小日向海流 43巻 | ホームへ | 青の祓魔師 6巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/462-c1fea439
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。