スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

WORST 26巻

2011.04.09(01:33)
WORST 26巻の感想
月刊少年チャンピョンで連載中の不良漫画WORSTの最新巻です。
クローズから続いているわけですが、このWORSTシリーズの主役である鈴蘭高校の花は、この巻出てきません(笑)
メインは、武装戦線とE.M.O.Dの直接対決です。

それぞれが、熱いバトルを繰り広げているわけですが、後輩は後輩で、副将は副将で、頭は頭と、とそれぞれ戦うべき相手と戦ってます。

武装戦線が人気があるのでしょう、サイドストーリーのはずが、結構長いですよね^^

そして、鳳仙では、かつて先輩が味わった気持ちを、いま再び現在の頭である光政が味わっています。

歴史は繰り返す、特にこのクローズ・WORSTのシリーズは、次々と年代が卒業していくので、余計に繰り返しに見えますよね。
好意的にとれば、懐かしさ、否定的に見ればマンネリ的な焼き直し。

まあどちらにとるかは人それぞれだと思いますが、私はこのシリーズ嫌いじゃありません^^

WORST 26巻あらすじ
ついに火蓋が切って落とされた武装とE.M.O.Dの最終決戦。
様々な因縁が入り乱れて、そこかしこで熱いバトルが繰り広げられていた。
そして毒蛾の副将・国吉は、拓海を人気のない場所へ呼び出し、一対一で決着をつけようとしていた。
一方、鳳仙では一年の勇京が光政に対して…!?

高橋 ヒロシ (著)  秋田書店


<<進撃の巨人 4巻 | ホームへ | 宇宙兄弟 13巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/458-941486a0
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。