スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

黒子のバスケ 11巻

2011.03.10(23:14)
黒子のバスケ 11巻の感想
週刊少年ジャンプで連載中の高校バスケ漫画、黒子のバスケの最新巻です。
少年ジャンプでのスポーツマンガなので、奇跡の世代とか、妙に仰々しい、子供だましな表現が多々あって微妙な部分も正直あるのですが、この巻の誠凛のバスケ部が出来たときの話はいいですね^^

やはりバスケ漫画はどうしても、過去の名作や現在連載中の作品と比べられてしまうので、つらいところです。

しいていえば、主人公の黒子君のおとぼけな魅力はいいですけども、他のキャラが・・・・

試合の白熱感とかあまり伝わってこない感じなのも残念です。

決してダメダメな漫画なわけではないのですが、スラムダンクと比べるのは酷だとしても、あひるの空と比べても厳しいですね。

少年ジャンプで連載している以上、少年達がバスケをしたくなるような漫画を期待しているので、厳しいコメントを書いてしまいましたが、頑張ってもたいたいところです。

チームの成長とともに、作品が成長していくことを期待しています^^

黒子のバスケ 11巻あらすじ
ウィンターカップ予選リーグ、誠凛VS秀徳戦。
リベンジに向け意気込む秀徳・緑間の活躍で、誠凛は苦戦を強いられていた。
しかし、黒子の必殺ドライブ炸裂により、点差を縮めていく。
試合後半残り5秒、黒子のパスが木吉に渡り・・・!!

藤巻 忠俊 (著)  集英社


<<湾岸ミッドナイト C1ランナー 5巻 | ホームへ | LOST MAN 11巻>>
コメント
黒子のバスケとっても面白いです。
【2011/03/15 18:16】 | バスケ大好き 女の子☆ #ZB8a1p0o | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/449-fdf09d22
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。