スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

LOST MAN 11巻

2011.03.04(13:07)
LOST MAN 11巻の感想
スピリッツで連載中のサッカー漫画LOSTMAN。タイトルがロストマンになっているのは主人公のサッカー選手松本が、記憶喪失だからです。
記憶はないのに、体がサッカーを覚えている、そんな松本と、彼を移籍させながら何か壮大な野心をひめてそうな代理人の2人が、この作品の主人公です。

通常のサッカー漫画と違うのは、代理人にもスポットがあたっていることでしょうか。

この巻では、選手松本がメインですが、エピソードによっては代理人のほうが存在感がある場面もあります。

11巻では、マンチェスターユニオンに意識したマツモトが、初スタメンとしてチームにかかわり、しかもチーム戦術の核となるような役割を果たします。

背番号の意味とか、監督もなかなか味なことしますよね^^

最近またサッカー漫画が増えてきている印象がありますが、このLOST MANも青年向けサッカー漫画として、なかなか見所のある作品なので、今後も楽しみにしたいと思います。

LOST MAN 11巻あらすじ
最強対最強、ギフテッド対ギフテッド
マツモトが所属するイングランドのトップチーム、マンチェスター・ユニオンは、チャンピオンズリーグで世界最強銀河系軍団レアル・マドリードFCと敵地で対戦。マツモト初スタメン、そしてシンプソンとのW司令塔で臨んだマンUだったが、試合開始早々、敵の絶対的エース・サウルに先制点を許してしまう。
劣勢に立たされたマンUだが、シンプソン・マツモトを中心とした新しい攻撃の形がはまり始め、猛攻を仕掛ける。プライドとプライドが激しくぶつかり合う、一進一退の攻防を制すのはどっちだ!?

草場 道輝 (著)  小学館


<<黒子のバスケ 11巻 | ホームへ | 医龍 25巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/448-6d60aa13
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。