スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

あひるの空 30巻

2011.02.26(00:30)
あひるの空 30巻の感想
週刊少年マガジンで連載中の高校バスケ漫画、あひるの空の最新巻です。
こういう展開って、普通の部活では当たり前のことなんですけど、漫画では珍しいですよね。

それだけ衝撃的な試合結果です。
そして、そういう部分も青春のリアルな気がします。

このバスケ漫画は、いろんなコンプレックスを抱えていたり、不器用な登場人物があまりに多いんですけど、実際10代なんて、不器用で当たり前ですよね。

若いときならではのこだわり、熱意、気持ちのゆれ、悩み、プライド、そういうものがつまった名作です。

青春のそういう部分にスポットをあてたスポーツマンガって珍しいと思います。

そういう部分が苦手な人、シンプルな成長物が好きな人、には向いてない作品です。

私は、この作品の世界観と青春、結構好きです^^

このあとの空たちの活躍、そしてキャプテンの不器用な恋愛が楽しみです。

あひるの空 30巻あらすじ
 関東大会地区予選、クズ高の試合前に、菊川vs.北住の対戦が行われる。最初は負けていたものの、ニノの活躍で流れは菊川に傾き始めるが、北住も真の強さを見せる。両校の試合後、いよいよクズ高の試合開始!! 
他会場で、すでに試合を行っている女子と共に、クズ高バスケ部は勝利できるのか!? 
そして、関東大会後のインターハイへ向けて、どう成長するのか!?

日向 武史 (著)  講談社


<<医龍 25巻 | ホームへ | キングダム 21巻>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/02/28 17:49】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/446-8bd5d800
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。