スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

彼岸島 33巻

2010.12.08(21:39)
彼岸島 33巻の感想
ヤングマガジンで連載中の吸血鬼アクションホラー漫画、彼岸島の最新巻です。

前巻に引き続き、主人公明と雅の対決です。
雅を追い詰めたものの、あと一歩、止めをさすことに失敗。
長かった吸血鬼のボスである雅との戦いがやっと終わるかと思いましたが、まだ続編に行く様子。

完全に体制を建て直し、再度真っ向から戦うようになりそうです。

また相手の企てが明らかに。

噛まれると吸血鬼になってしまう蚊を培養し、日本本土でばらまくという計画が。

この島では終わらせることができるのでしょうか。

こういうタイプの作品で、33巻まで来るというのは、かなり珍しいことだと思います。

最後の決着はどうなるのか、ちゃんと見届けるまでは読みたいと思います。

彼岸島 作品あらすじ
鮮血のサスペンスホラー!!
人をさらい、生き血を吸う村人が住む島。そこから生きて還ってきた者は誰もいない───。
明の兄も2年前に連れ去られ、現在その島で一人、身を隠し生活している。そして明本人にもついに魔の手が忍び寄る。
謎の美女が現れ、悪魔の物語が始まった───。

松本光司 (著)  講談社


<<進撃の巨人 3巻 | ホームへ | 岳 みんなの山 13巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/415-39518de1
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。