スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

3月のライオン 5巻

2010.11.28(10:51)
3月のライオン 5巻の感想
ハチミツとクローバーの羽海野チカさんが描く将棋漫画3月のライオンの最新巻です。
まだ5巻ですけど、もうすでにこの世界にひきこまれ、笑わされ、しびれさせられています。

独特のやわらかいタッチの絵と、するどくグサっとくるセリフ。

主人公の零も、少しずつ成長を見せています。

この巻では、前半の山形編もなかなか味があってよかったですね。

ふるさとのあったかさと、帰るところ、自分の原点といいますか。

そして義姉の恋愛も、この巻で様子が明らかになりますね。
ああ、彼はこういう男なのかと。
零が思っているのとは違うんだな、と。

二海堂くんも、この巻ではいつもどおり活躍?(笑)
にくめないキャラですし、零の殻をやぶっていくのはこういう友達ですよね^^
彼が出てくると、ニヤケてしまいます、熱いですからね。

そして最後、ひなたちゃんの事件の途中で終わるのですが、きっと零はこの出来事を通じて、自分の過去、現状、学校、まわりになじめない自分をのりこえるのかもしれませんね。

今後の展開も楽しみです。

3月のライオン 5巻あらすじ
林田先生、二海堂、川本家の三姉妹…。
周りの人々の温かさに少しずつ心溶かされ、学校生活・棋士生活の両面で前を向き始める零。
しかし、そんな零の心を乱す事件がひなたに振りかかる…。 2010年11月刊。

羽海野 チカ (著)  白泉社


<<よつばと! 10巻 | ホームへ | リアル REAL 10巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/411-c2a5b7f3
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。