スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ラストイニング 27巻

2010.11.15(20:38)
ラストイニング 27巻の感想
週刊スピリッツで連載中の、高校野球漫画ラストイニングの最新巻です。
県大会決勝戦の大詰め9回まで来ました。

そこでとある一打の後におきたプレイは、審判団でも意見が分かれるようなプレイ。
サイガク野球部監督がかつて高校生だった時代に因縁のある審判団顧問が登場。

裁きと言うか、関与というか、彼は彼の信念で動いているのが良くわかるシーンでしたね。

そのシーンと、マネージャーがエース日高を立て直すシーンが、この27巻の見所でしょうか^^

王者とのガップリ四つに組んだ対決、この決勝戦の決着は28巻に持ち越しです。

今後の選手達の成長と、展開も楽しみです^^

ラストイニング 27巻のあらすじ
 王者を倒して甲子園へ…県大会決勝、最終回の攻防!!

夏の甲子園出場をかけた県大会決勝戦。
負ければ廃部の我らがサイガク野球部vsセンバツベスト8の大本命・聖母学苑の試合は劣勢が予想されたサイガクが
土壇場9回にエース・日高の一打で勝ち越し、さらに4番・剛士の無心の一撃が聖母の息の根を止める!?

しかし、この一打は誰も予想しえなかった前代未聞の展開を招いてしまう…!!
甲子園へ行くのはどっちだ!? 目の離せない死闘継続中!!

中原 裕 (著), 神尾 龍 (著)  小学館


<<乙嫁語り 2巻 | ホームへ | 優駿の門-ピエタ 10巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/404-4569c90d
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。