スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

黒子のバスケ 9巻

2010.10.15(13:02)
黒子のバスケ 9巻の感想
週刊少年ジャンプで連載中の高校バスケ漫画、黒子のバスケ。
9巻は、インターハイ準々決勝の続きからです。
黄瀬のコピーの精度があがり、ついに青峰のレベルへ。

「キセキの世代」同士の対決がついに決着を迎えます。

しかし、このマンガ、あまりに中学時代の「キセキの世代」を引っ張りすぎですよね・・・

あまりにその表現がしつこくでてくるのが、ちょっとウンザリです。

やっともう1人出てきたので、早く出揃って、もういい加減、次のステップに進んで欲しいですね。

黒子のバスケがどう変わっていくのか、火神の成長は。

主人公の性格、プレイスタイルはユニークで悪くないので、展開を間違わなければ面白いバスケマンガになっていくと思うのですが、あと1歩足りません。

基本設定は悪くないだけに、今後の改善に期待したいです。

黒子のバスケ 9巻あらすじ
 I・H、準々決勝戦。
桐皇の青峰に挑む海常の黄瀬は、ついに青峰のプレイを模倣し、桐皇に迫る。
一方、青峰は4ファウルで窮地に。
「キセキの世代」対決の決着は!?
SB大会に出た黒子と火神。そこで出会ったのは!?

藤巻 忠俊 (著)  集英社


<<あひるの空 29巻 | ホームへ | BLEACH―ブリーチ― 47巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/386-38b83e88
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。