スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

銀魂―ぎんたま― 36巻

2010.10.04(23:21)
銀魂―ぎんたま― 36巻の感想
週刊少年ジャンプで連載中で、映画化もされている人気作品、銀魂の最新巻です。

前半は、宇宙海賊春雨内部のお話。
登場キャラクターのなかでは、女子からのかなりの人気を誇る、高杉と神威が、36巻にきて、初めてまみえます。

こんな展開なのかーとビックリしましたが、よくよく考えてみれば、結構共通点というか、考え方が近い2人なのかもしれません。

後半は、いつものバタバタです。

私は前半のようなシリアスな展開が好きなので、このマンガの魅力の半分しかわかっていないのだと思います。

お笑い部分、どうも受け入れられないんですよね・・・

シリアスな展開のほうは、結構見所も多く、その割合を増やしていって欲しいと思っている私です。

銀魂―ぎんたま― 36巻あらすじ宇宙海賊春雨と盟約を結び暗躍する鬼兵隊を率いる高杉と、春雨最強部隊・第七師団を率いる神威。
春雨に危険視される2人が接触し!?
他にもあの仙人とか近藤のデートとか九兵衛と猿とか葬式とか猿飛の眼鏡とか。

空知 英秋 (著)  集英社


<<BLEACH―ブリーチ― 47巻 | ホームへ | 宇宙兄弟 11巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/384-ed49dab7
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。