スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

天才 柳沢教授の生活 29巻

2010.08.29(20:56)
天才 柳沢教授の生活 29巻の感想
週刊モーニングで月1回連載中の天才 柳沢教授の生活の最新巻です。
この巻も孫の華子や、父など、家族がメインキャラクターとして出てきて、ほのぼのと、でも深い味わいのある作品です。

行方不明になっていた数学が得意なかつての教え子のエピソードとか、太陽が2つある、の話など、この巻もなかなか楽しませてくれる話が満載です。

そしてこの作品であまり出てこなかった柳沢教授の母。かつて子供の頃、なくなったときの思い出がはじめて出てきます。

この作品の主人公である柳沢教授は、もし自分の身近に実際にいたら、うっとおしいことこの上ない堅い人物かもしれませんが、漫画で読む分には、そのまっすぐな彼の考え方、主張により、私たちが世の中そういうものだ、といつのまにか受け入れてしまっていて、でもちゃんと考えれば変なことが浮き彫りにされる良い作品です。

天才 柳沢教授の生活 29巻あらすじ
 Y大経済学部教授、柳沢良則。道路は右端を歩き、横断歩道以外で道を渡らない。
安くてうまい“さんま”のためなら、足を棒にしても歩きつづける。本書は、道路交通法を遵守し、自由経済の法則に忠実な学者の、克明で愉快な記録である。
もう少しあなたを見ていたかった。あと少しあなたを見つめていたかった。私はなぜ探求するのか。描かれる原体験。

山下 和美 (著) 講談社


<<明日のない空 2巻 | ホームへ | 優駿の門-ピエタ 9巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/376-e1908a58
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。