スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

結界師 30巻

2010.08.18(20:07)
結界師 30巻の感想
週刊少年サンデーで連載中の漫画、結界師。
30巻では、今までこの作品の中で、ほとんど出番がなかった、母・守美子とともに、烏森のお殿様が封印されている、漆黒の天守閣内に突入します。

烏森はどういう力がどう働いて、どういう構造になっているのか、まだそのとっかかりがわかりはじめたばかりですが、今回のシリーズできっと明らかになるのでしょう。

城の内部では時間が進まなかったりと、今までの結界師のなかでもべらぼうな力により制御されているのだけはわかります。

母ほどの結界師が10年以上旅してたどりついた何かを信頼し、後半は主人公良守はが封印に向けて何か重要な役割を果たすための旅に出ます。

本人も、戻れるのかわからないという覚悟での出発。

いよいよこの作品も最後のクライマックスに向けて本格的に動き出したような気はします。

次巻も楽しみです^^

結界師30巻あらすじ
大人気! 妖結界バトル!!
“400年間封じ込められている烏森のお殿様を迎えに行く”
地下より現れし漆黒の天守閣内へ母・守美子と共に潜入した良守達。
異形の者達が闊歩する城の内部で殿の居場所を求めて彷徨う一行だが、
気配はすれど肝心な姿が見当たらない…
そんな時、何かに気付いた良守のとった意外な行動とは!?
そして、物語の歯車は激しく動き出し、結界師達の運命にも大きな変化が起ころうとしていた…

田辺 イエロウ (著)  小学館

漫画全巻.com 結界師 セット


<<キングダム 19巻 | ホームへ | 空手小公子 小日向海流 40巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/370-bf42394f
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。