スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

クーベルチュール 1巻

2010.08.15(18:36)
クーベルチュール 1巻の感想
ちはやふるの作者末次由紀さんの連作短編集です。
ほろりとさせてくれたり、あったかい気持ちにさせてくれたり、笑う場面もあり、短編集としてクオリティ高いと思います。
感性があうあわない、はもちろんあると思いますが、私はこの作者独特の世界観というか、あったかい空気がすきなんですよね・・・

なので今回の短編集も、チョコレート専門店を営むイケメン兄弟の設定を生かした、ある意味まったく違うタイプの人々とのふれあいというか、やり取りを通じて、あったかい空気をつくってくれています。

これからも新たな作品が出るたびに、真っ先にチェックする、お気に入りの作者さんだと、確認しました。
ちはやふる、がかなりいい感じなわけですが、それに負けないクオリティをこういうほかの作品でも発揮してくれているので、今後も期待ができそうです。

なお、巻末には、ちらっと、ちはやふるの登場キャラクターたちとのコラボものってますので、ちはやふるファンはお見逃しなく!

クーベルチュール 1巻あらすじ 「そのチョコレート専門店でチョコを買うと、両思いになれる」。
イケメン兄弟ショコラティエが働くチョコレート専門店を舞台に繰り広げられる、ラブあり、感動ありの連作短編集!!
クーベルチュール――それは、美形兄弟が営むちょっと特別なチョコレート専門店。
仕事と恋の狭間で揺れるとき。
春待ちの恋に悩んだとき。
笑顔と優しさを忘れそうになったとき。
足を踏み入れれば、だれもが知るのです。
みんなに伝えたい、幸せの味を。
あなたの心を優しく溶かす、とびきり温かい4つのお話。

末次 由紀 (著)


<<空手小公子 小日向海流 40巻 | ホームへ | 鋼の錬金術師 26巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/368-a205fda9
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。