スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

あひるの空 28巻

2010.07.17(22:10)
あひるの空 28巻の感想
週刊少年マガジンで連載中の青春バスケ漫画、あひるの空。

智久が監督になってから、チームの強化は進んでいくものの、強豪になっていく過程で、どうしてもおこる、体力的ではない、メンタル的な厳しさにより、最初からの仲間だった、チャッキーくんが追い込まれていきます。

自分には何ができて、何ができないのか、自分の存在する場所は・・・

青春時代に思い悩むことですよね。

もちろん若いときに、そういうことをちゃんと考えず、そういう過程を通らずに大人になるほうが、あとで困るわけですけども・・・

次巻以降は本格的に新入生編になるんだと思います。

これかの展開も楽しみです^^

あひるの空 28巻あらすじ
149cmと小柄な高校生ながら、天性の才能を魅せるバスケ少年・車谷空!
入学先のクズ高で、最初はバスケをやるには困難な状況だったものの、空の熱意に影響を受けて、千秋・百春兄弟や、天才少年・トビなど続々メンバーが集まった!
順調に進みだしたクズ高バスケ部だったが、挫折や事件とあらゆることに巻き込まれていく‥‥。バスケを愛する空たちは、数々の困難にどう立ち向かうのか!?
季節が流れ、新入生が入ってくるまで、あと2か月。“絶対にうまくなってやる!”と決意し、正統派PGを目指すチャッキー。
だが、監督である智久から非情な通告を受け、チャッキーは前に進めなくなってしまう‥‥。
今まで一丸となり頑張ってきたチームは、大きな転機を迎える!!

日向 武史 (著) 講談社



<<テルマエ・ロマエ 1巻 | ホームへ | ベイビーステップ 13巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/347-eb5e2f01
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。