スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ぬらりひょんの孫 11巻

2010.07.13(19:39)
ぬらりひょんの孫 11巻の感想

週刊少年ジャンプで連載中のぬらりひょんの孫。気にはなっていたのですが、おとといまで読んでませんでした。
深夜アニメを見た友人から勧められ、1巻を読んでみると、なかなか期待できそう、ということで一気に最新巻まで全巻読み(笑)

というわけで、最新巻である11巻のレビューです。

作品の序盤では頼りなかった主人公リクオも、もうこの巻ではすっかり立派な大将。

戦った敵であっても、気に入ったら命を見逃し見方に誘い、京都の危機には覚悟を持って臨むわけです。

11巻の最後には強敵土蜘蛛が。

仲間たちが次々とやられていくなか・・・

今後の展開も楽しみですね。

幼馴染のカナちゃん、陰陽師のゆら、そして雪女のつらら。

このあたりがリクオの恋人候補?といったところ。

そっち方面の展開も楽しみです(笑)

ぬらりひょんの孫 11巻あらすじ
“京の門番"白蔵主との戦いを制し、ついに京都へと降り立ったリクオ達。妖気に満ち溢れ、魔都と化しつつある街の雰囲気に戸惑いながらも、「らせんの封印」の一番目の場所・伏目稲荷神社へと向かったが・・!?


椎橋 寛 (著)


ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫

価格:420円(税込、送料別)

<<宇宙兄弟 10巻 | ホームへ | ヴィンランド・サガ 9巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/341-745f45cc
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。