スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ヴィンランド・サガ 9巻

2010.07.12(07:37)
ヴィンランド・サガ 9巻

月刊アフタヌーンで連載中の冒険バイキング漫画ヴィンランド・サガ。

9巻ではいつのまにか、生きる記録をなくし奴隷になっている主人公トルフィンの近況が描かれます。

それだけ彼には、アシェラッドの存在が大きかったんですよね。

戦闘シーンというほどではないですが、この巻で、トルフィンが自分が生きたいと願って体が勝手に反応するシーン。
そのあたりでも、この作品が持つ独特の戦闘シーンの迫力が垣間見えますよね。

ガラッと展開が変わったので、ちょっとまったりした雰囲気ですが、再びトルフィンが立ち、冒険するようになる、これからの展開が楽しみです。

ヴィンランド・サガ 作品あらすじ
11世紀、北欧の地は、蛮族と恐れられたヴァイキングにより戦火にまみれていた。
その中に、父親を殺され、復讐のため戦場を駆け抜けた少年・トルフィンがいた。
彼は仇敵・アシェラッドを殺すために生き、生きるために戦った。だが、イングランド王位をめぐる争いの中でアシェラッドは不慮の死を遂げる。唯一の希望を失い、奴隷に身をやつしたトルフィンはそれでもなお安息と豊穣の地、ヴィンランドを思い描く。心休まる日はいつ訪れるのか。
”本当の戦士”の物語が紡がれていく。


ヴィンランド・サガ 9巻あらすじ
アシェラッド亡き今、トルフィンは戦場を離れ、いつしか奴隷として生きるようになった。
森を切り開き麦を作る、静かだが無気力な毎日。
人生で初めて友人と呼べる者が現れ、力を合わせて朝から晩まで農場で働く。
そんな時、彼は農場主の息子にまるで遊びのようにして殺されかけ、気付く。
本当は死にたくないのかもしれない、と。
彼は希望を取り戻し、新たな人生を生きることができるのか。
新章〈奴隷編〉開幕!

著者: 幸村誠 講談社


<<ぬらりひょんの孫 11巻 | ホームへ | バガボンド 33巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/340-e11b629a
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。