スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

医龍 ―Team Medical Dragon 23巻

2010.07.06(11:21)
医龍 ―Team Medical Dragon 23巻の感想

ビッグコミックスペリオールで連載中の医療漫画、医龍。

23巻では朝田が手塩にかけて育ててきた研修医伊集院君が、朝田のオペの執刀医に。

自分を使ってオペの機会を研修医に与えるリスク、選挙戦への影響、そんなことは朝田がしたいことに比べれば、微々たることなのでしょうね。

この漫画で一番成長している伊集院君。

医療技術だけではなく、そのメンタル。

患者を救うという強い意志も、朝田から受け継いでいるんですよね。

そしてうまくなりたいという向上心。

この漫画は時に伊集院君が主人公なのではと、錯覚するほどです。

医局のドロドロした政治、選挙とか、あるいは華やかな医療現場の最新技術とか、そういうものよりもこの作品の一番の見所は、普通の研修医が、与えられた環境と指導医に恵まれ、花開いていく姿です。

連載開始時には破天荒な腕のいい医者朝田が、古い日本の病院の体質を変えていく、というのがメインストーリーだと思いましたが、想像していたのとは違う方法で変えて生きます。

人を育てる、という方法で。

医龍 23巻あらすじ
朝田がくれた贈り物。

屋上から身を投げた真悟を、地上で受け止めた朝田・・・・・・
全身を強打した朝田は、その意識を失う直前、
伊集院に自分を切れと言い残す。
伊集院にとっては、
いつか立ちたいと思っていた執刀医のポジション。
オペチームのメンバーを自ら指名し、
師匠の身体にメスを入れる。

作品あらすじ
 腐った組織にメスを!! 生命の救世主・朝田龍太郎が、日本医療に革命を起こす!! かつてないメディカルドラマが今、ここに・・・!!

乃木坂太郎 原案/永井明  小学館

漫画全巻.com 医龍 セット



<<海皇紀 44巻 | ホームへ | 岳 みんなの山 12巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/333-540be787
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。