スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

capeta(カペタ) 18巻

2008.12.07(22:11)
capeta カペタ 18巻 の感想

月刊少年マガジンで連載中のレーシング漫画capeta カペタ。
主人公平勝平太(通称カペタ)もついにF3デビュー。

この巻では、モナミのチームカペタの監督?としての出番が^^

カペタの気合は相変わらずでこの巻では伝わってきます。

周囲の理解者、協力者、彼に期待する人たちがどんどん増えていくなかで、プレッシャーも増していきます。

といってもまだF3にデビューしたばかり。

カペタのレーサーとしてのステップアップはまだ始まったばかり。

作者の曽田さんが一度投げ出した連載、昴も無事復活してますし、このcapetaも途中でくじけず、最後までF1でトップ争いをする日本人ドライバーカペタの活躍を描くところまで、きっちり続けてほしいところです。

私がレースマンガの中で一番楽しみにしているこの作品。これからも楽しみにしています^^

capeta カペタ 18巻あらすじ
カペタの全日本F3参戦初年度は、ライバル・AYK陣営の新型エンジンの威力の前に、のっけから苦戦を余儀なくされる。 
富士スピードウェイでの第1戦、2戦がいよいよスタート・・・!!
ついに「世界」が見え始めた、超本格レーシングロマンの最新刊!!

作品あらすじ
 シートは地球上にわずか20のみ。あまりにも狭き道よ。それでも最高峰への夢に取り憑かれた幾千の若者たちは迷いもせずなだれ込む。
傷つき血を流し、心が折れたライバルをエスケープ・ゾーンへ押し退け、満身創痍でようやく1人が通り抜けられるか。
スピードの帝国、フォーミュラ・ワンへと続く道。その隘路はどこか似ていた。
無理がある・・・!並んで2人は通れないのだ!
“スズカのシケイン”。ここで我々は幾度目撃したことだろう。
愚かで、強引で、そして抱きしめたくなるような男たちの意地の張り合いを!

著者: 曽田正人 講談社

capeta(カペタ) 18 (18) (講談社コミックスデラックス)
capeta(カペタ) 18 (18) (講談社コミックスデラックス)
曽田 正人

関連商品
capeta(カペタ) 17 (17) (講談社コミックスデラックス)
capeta(カペタ) 16 (16) (講談社コミックスデラックス)
MOON 2―昴ソリチュードスタンディング (2) (ビッグコミックス)
capeta(カペタ) 15 (15) (講談社コミックスデラックス)
ADAMAS 2 (2) (イブニングKC)
by G-Tools

<<岳 8巻 | ホームへ | Odds オッズ 10巻 >>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/01/09 16:45】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/267-580f3ed1
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。