スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ヴィンランド・サガ 4巻

2007.03.01(21:18)
月刊アフタヌーンで連載中の ヴィンランド・サガ 4巻の感想

ヴァイキングを描いている漫画で、主人公トルフィンの成長・活躍を描きます。
トルフィンの父親のトールズや、傭兵団のボス・アシェラッドのように、過去と謎がある大人の男が出てくるところも特徴の1つです。

そしてデンマークやイングランド、ウェールズ と国としての戦いもこれからの見所となりそうです。

4巻ではウェールズに入り、アシェラッドの正体が判明します。
そして今後おそらく重要な役割を担うクヌート王子も姿を見せ、徐々に登場人物が出揃ってきた印象です。

壮大なスケールの仕掛けをちょこちょこ見せつつも、主人公の周りはまだ狭い世界のままであり、ギャップがあるものの、今後の展開を期待させる4巻です^^

あらすじ
 『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァイキング)叙事詩
本当の戦士の物語。
千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。
その中にあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。
トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!!

4巻あらすじ
「アタシいま……ドキドキしてるの……あんなにも悪い人達がいるなんて……」
幸村誠の描くヴァイキング叙事詩(サガ)最新刊!!
『もう、しませんから。』の西本英雄版4コマ「ユルヴァちゃん」特別収録!!

ヴィンランド・サガ 4 (4)
ヴィンランド・サガ 4 (4)
幸村 誠

関連商品
ヴィンランド・サガ 3 (3)
蟲師 8 (8)
ヴィンランド・サガ 2 (2)
ヴィンランド・サガ 1 (1)
MOON LIGHT MILE 14 (14)
by G-Tools
<<ONE PIECE 45巻 | ホームへ | 島根の弁護士 8巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/23-7b932eaf
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。