スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

海皇紀 34巻

2007.12.20(23:57)
海皇紀 34巻 の感想

月刊少年マガジンで連載中の海戦記漫画 海皇紀。
私が最新巻を心待ちにしている漫画です。

この巻では、疾風となったウォルハンの進軍、軍師アル・レオニスの活躍がテンポ良く描かれ、最後のほうには主人公ファン・ガンマ・ビゼンの謎の根幹を担うであろう母親が登場。
イベルグエンを退けます。

ロナウディア側も、主要キャストが徐々に出揃いつつあるので、ここから一気にロナウディア編がもりあがっていきそうな雰囲気です。

この作品が世間で大ヒットしていないのが不思議でなりません。

こんなに面白いのに・・・・

34巻あらすじ
 一対一の会談は、ファンの暗殺を狙うソルの策略だった。その危機に身を挺し飛び込んだジンは命を落としてしまう。同じ様にマルキュリを亡くしたソルは一族の命運をファンに託し結婚を決める。一族を任せられたファンは艦隊を率い大国ロナルディアとの最終決戦に臨む!

川原正敏 著  講談社

全巻.com 海皇紀セット


海皇紀 34 (34) (講談社コミックス 月刊少年マガジン)海皇紀 34 (34) (講談社コミックス 月刊少年マガジン)
川原 正敏



<<キングダム 8巻 | ホームへ | チェーザレ ―破壊の創造者 4巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/222-255ca7ad
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。