スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

頭文字D 36巻 

2007.10.13(00:30)
頭文字D イニシャルD 36巻 の感想

週刊ヤングマガジンで連載中の公道バトルをテーマにしたレーシング漫画 頭文字Dの36巻です。

この作品も結構長くなってきましたね。

今回は神奈川編の2戦目。そして主人公拓海の相手は、かつて日光で一度戦い、その後プロのレーシングドライバーになっている小柏。
父親同士も因縁を持つ、親子2代に渡るバトルの再戦です。

今回結構拓海の父親である文太の出番が多いです(笑)

彼が最後に拓海にしてあげられることってなんでしょうね?

やはりハチロクから卒業させ、インプあたりに乗り換えさせるのでしょうか?
ハチロクはドライバーを育てる車だ、とかつて教えていたようですから、そろそろ次の"早く走る車”に乗り換える時期なのかなと。

もちろん今の彼は、ハチロクという車にのっているからこその魅力があるので、微妙ではありますが・・・

そして今回はちょっと涼介の過去をにおわす発言が。

なぜ彼が公道での走りにこだわり続けるのか。
そのあたりの原点となるエピソードなのでしょうね。
この神奈川編で明らかになるようなので、楽しみですね^^

おそらく、この神奈川編で公道バトルのフィニッシュを迎える気がします。
遠征の距離、レベル等を考えても、次は無いですよね?

そこで最終回を迎えるのか、それとも新たなステージ、プロのドライバーになる2人をこのまま追うのか。

私自身は、サーキットを走る拓海も見てみたい気もしますが、どうでしょう?

36巻あらすじ
 拓海 vs.小柏カイ戦、再び!
導かれたのか!?決戦は新たな舞台へ!神奈川エリア第2ラウンド開始!!!!!!!!!

しげの 秀一 著 講談社

漫画全巻.com 頭文字〈イニシャル〉D セット

イーブックオフ 中古本 頭文字D


頭文字D 36 (36) (ヤングマガジンコミックス)頭文字D 36 (36) (ヤングマガジンコミックス)
しげの 秀一



<<Odds -オッズ- 5巻 | ホームへ | 彼岸島 21巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/211-6ad7ce10
  • 頭文字〈イニシャル〉D 36巻【マンガの本質】
    頭文字D 36 ヤンマガKC しげの 秀一著  税込価格 : \540 (本体 : \514)  出版 : 講談社ヤングマガジンに長期連載中の走り屋マンガ。公道最速を目指して、峠を攻める。ライバルとの勝負に勝ち続けるため。主人公「藤原拓海」が藤原とうふ店の看板を背負った
【2007/11/06 10:27】
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。