スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ハツカネズミの時間 3巻

2007.06.22(23:15)
ハツカネズミの時間 3巻の感想

週刊モーニングに連載され後に月刊アフタヌーンに移った学園物です。

3巻では梛のところでくらす脱出した主人公高野槙と氷夏桐子の元に、園倉茗があらわれるんですが、この槙への依存心が強い茗にはちょっとイライラしてしまいます。
他のメンバーが割と知的なキャラが多いので、余計目立つのかもしれませんが・・・

1巻~3巻ですでにあちらの世界観が伝わってくるのは、やはり絵の力でしょうか。
登場人物達の意思が作中のキャラの目からヒシヒシと伝わってきます。

長編にはならなそうな設定&展開なので、割と完結まで近そうですが、最後まで見届けたい作品です^^

作品あらすじ
 隔離された学園都市 作られた日常 操作された記憶、
学園の名を借りた実験施設 自由への逃走。

培養された天才児たちの反乱。
僕たちは学園から“自由”という出口に向かって走り始める。
迷路で走り続けるハツカネズミのように。

3巻あらすじ
 制御されていた“心”が動き出す。初めて外の世界を目の当たりにした槙。学園に残ることを選択した茗(めい)。変化する日常の中で、それぞれの思いが交錯する。

著:冬目景  講談社


ハツカネズミの時間 3 (3)
ハツカネズミの時間 3 (3)
冬目 景

関連商品
幻影博覧会 2 (2)
イエスタデイをうたって vol.5 (5)
ああっ女神さまっ 35 (35)
無限の住人 21 (21)
謎の彼女X 2 (2)
by G-Tools

<<ピアノの森 14巻 | ホームへ | クロスゲーム 8巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/133-916c6869
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。