スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

のだめカンタービレ 18巻

2007.06.13(19:45)
のだめカンタービレ 18巻 の感想

KISSで連載中のクラッシック音楽ラブコメ漫画、のだめカンタービレ。
18巻でも音楽に人生を捧げた個性的な若者達の姿が微笑ましいです。

なぜパリに来たのか、自分は何がしたいのか、見つめなおすRUI。
千秋に褒められ、やっていることが無駄ではないと確認したフランク。

自分のやりたい事に挑戦しているものの、どこか不安を抱えている若い時ならではの不安定さなんですが、その悩みを乗り超えて皆成長していくんですよね^^
逆に言えば、”自分の道”を歩んでいればこそぶつかる壁でもあるわけですし、必要な時間だと思います。

のだめも日本にいた頃に比べれば音楽と向き合う姿勢がかなり成長してきています。笑えるキャラクターは変わってませんが、こと音楽に関してだけは、オクレール先生の導きにより、将来飛躍する仕込を着々と行っているようです。

千秋が知らず知らずのうちに、彼が憎む父と同じ道へと踏み出しているのではないかと心配する母。
ここまで読む限り、似てますよね2人は。
きっと鍵となるのがのだめであり、それがわかっている母は2人が離れることを心配しているようですね。

若い音楽家達の今後の成長と活躍、そしてほのぼの笑わせてくれる恋愛模様がこれからも楽しみです!

18巻あらすじ
 千秋がのだめと別居!互いの音楽を見つめるため、パリ市内中距離恋愛開幕。
音楽に没頭するため、千秋がアパルトマンを出ることを決意。のだめもサロン・コンサートが決まり猛特訓をはじめる。離れて暮らすふたりは、この先どんな音楽を奏でていくのか!?また、Rui(ルイ)やフランクたちもそれぞれの道で迷っていたが・・・?

二ノ宮 知子 (著)  講談社

漫画全巻.com のだめカンタービレ セット


のだめカンタービレ #18 (18)
のだめカンタービレ #18 (18)
二ノ宮 知子

関連商品
のだめカンタービレ #17 (17)
のだめカンタービレ (16)
のだめカンタービレ (15)
もやしもん 5―TALES OF AGRICULTURE (5)
のだめカンタービレ (14)
by G-Tools


リンク
のだめカンタービレ 16巻の感想
のだめカンタービレ 17巻の感想
Yahoo
のだめカンタービレ

<<アタック!! 2巻 | ホームへ | WORST 17巻>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/06/14 17:24】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://comicz.blog92.fc2.com/tb.php/123-aa4056a7
  • 「のだめカンタービレ」レビュー【コミックレビュー トラックバックセンター】
    「のだめカンタービレ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *漫画作者:二ノ宮知子 *キャラクター:野田恵、千秋真一、フランツ・フォン・シュトレーゼマン、他 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事からのトラックバックをお待ちしています。お気
【2007/06/14 05:10】
  • のだめカンタービレ【ちづるのblog】
    のだめカンタービレ『のだめカンタービレ』(Nodame Cantabile)は、女性漫画誌「kiss (雑誌)|Kiss」(講談社)で2001年から連載されているクラシック音楽をテーマとした二ノ宮知子作の漫画作品。2004年、第28回講談社漫画賞少女部門受賞。単行本は17巻まで
【2007/06/15 10:58】
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。