2011年09月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. おおきく振りかぶって 17巻(09/28)
  3. 結界師 35巻(09/25)
  4. 青の祓魔師 7巻(09/11)
  5. キングダム 23巻(09/04)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

おおきく振りかぶって 17巻

2011.09.28(00:35)
おおきく振りかぶって 17巻の感想
久しぶりの新巻なので、本屋で見かけたとき、嬉しくてすぐ手にとりました。
今一番の青春野球漫画、おおきく振りかぶって。

この17巻もこの作品の魅力がつまっています。

高校生って、いろんなコミュニケーション力がまだ足りなくて、でも純粋で、ひたむきで、そういう人間関係が丹念に描かれています。

野球の試合のシーンは、主人公のいる西浦高校は出番がなく、キャッチャーの阿部君がかつてバッテリーを組んでいた榛名君のいる武蔵野第一がメインです。

榛名君も、かつての姿と違い、チームのため投げぬく意思のあるエースになっています。

お互いが競い、刺激しあういいライバルとなっていくのでしょう。

今後の展開と、主人公達の成長が楽しみな作品です^^

おおきく振りかぶって 作品内容
大人気本格高校野球漫画
監督は女性、選手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集まった10人の選手たちは、弱気で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す!!
試合や練習を通じて成長していく選手たちのまばゆい姿。最新のスポーツ科学を下敷きに描く、全く新しい野球の面白さ。
丹念に描かれる青春の情動。そのどれもが日本中から熱烈な支持を集める、今いちばん面白い青春スポーツ漫画!!

おおきく振りかぶって 17巻あらすじ
夏の高校野球選手権埼玉大会で、5回戦敗退を喫した西浦。
夏合宿でさらなるレベルアップを目指す! 
敗北を通じて1歩前進した三橋と阿部のバッテリーは、モモカンから2人1組での行動を命じられる。
絆はより強くなるのか!? 一方、準々決勝・武蔵野第一VS春日部市立戦は、終盤に突入!
春日部市立にリードを許した武蔵野第一……
もう1点もやれない緊迫した場面で、西浦注目の投手・榛名の「本気」がうなる!!

ひぐち アサ 講談社


【送料無料】おおきく振りかぶって Vol.17
スポンサーサイト

結界師 35巻

2011.09.25(14:26)
結界師 35巻の感想
週刊少年サンデーで連載していたファンタジー漫画の最終巻です。
見やすい絵と能力。
そして主人公良守くんの成長と時音との恋。

それなりに見所のある作品でしたが、最後無事グダグダにならずに伏線も回収され、すっきり終わりました。

あらすじを読んでしまえば、大団円と出ているようにハッピーエンドなのはわかると思いますが、あそこに残るただ1人。まあ犠牲になるわけですよね。

重要な人で、かつ主人公との関係性は深いのに、終盤まであまり出番がなかったあの人。

それぞれの一族が、新しい道を歩んでいく後日談もなかなか。

読みどころ満載の最終巻。

すっきりできて安心しました^^

結界師 35巻あらすじ
ついに完結!
ついに姿を現した、まほら様…
時音の願いどおり、覇久魔を明け渡してくれる気に!?
烏森完全封印、総帥との戦争、カケルの復讐…
絡まり合う様々な要因が一気呵成に収束へ向かう!!
大人気あやかし結界バトル、大団円!!

田辺 イエロウ  小学館


【送料無料】結界師(35)

青の祓魔師 7巻

2011.09.11(16:07)
青の祓魔師 7巻の感想
ジャンプスクエアで連載中の青の祓魔師(あおのエクソシスト)の最新巻です。
結界師も終わり、こういうファンタジー系の作品で読んでいるのが少なくなってきているので、頑張ってもらいたい作品です。
絵も割と読みやすいですしね。

単行本も結構売れているようですし、今ではジャンプスクエアの代表作ではないでしょうか。

この7巻では、前巻で伏せていた明陀宗の謎が明らかになります。

皆それぞれの立場で、選択を迫られますが、ちゃんと前に進んでいく若者達。

正直なところ、まだガッツリと感情移入できるほど、キャラクターの魅力が光っているとは言いがたいので、そこはこれからもう一歩頑張ってもらいたいところです。

長い目で、いい作品になっていくことを期待しています^^

青の祓魔師 7巻あらすじ
 藤堂と共に不浄王の両目を持ち去った蝮。
彼らが向かったのは、明陀宗の元拠点・不動峯寺であった。今
は廃れてしまったその寺で、彼女が目にしたものとは!?
明陀宗の座主が守り抜いてきた秘密が明かされる!!

加藤 和恵 集英社


【送料無料】青の祓魔師(7)

キングダム 23巻

2011.09.04(12:08)
キングダム 23巻の感想
しばらく出張等で忙しくてブログ更新が滞ってました(涙)
再開の1発目は、私が一番楽しみにしている漫画、キングダムの最新巻からです。
熱い戦いが続いていた秦魏戦も決着し、敵将廉頗とのやりとり、そして飛信隊の副長である羌カイとの別れ。

表彰では、信と若き王が久しぶりの再会。

後半は、軍師がいないため苦戦している飛信隊に助っ人が。

その正体は、この作品の序盤から登場していたあの人。

軍師の修行に出ていたわけですから、どこかではこういう展開になると思っていましたが、思っていたより早かったですね。

隊のスケールも徐々に大きくなってきて、また楽しみになってきました。

キングダム 23巻あらすじ
離脱と新加入。
ついに決着した秦魏戦。名将・廉頗が突きつけた「史上最強の大将軍」への条件に対して信は!?
羌カイの旅立ちを見送り、新体制となった新生飛信隊。今、さらなる武功へ突き進む刻──!!

原 泰久 (著)  集英社


【送料無料】キングダム(23)
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。