2011年01月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. BUTTER!!! 2巻(01/29)
  3. はじめてだってば! 1巻(01/25)
  4. GIANT KILLING 18巻(01/22)
  5. Odds GP! 5巻(01/20)
  6. 絶園のテンペスト 3巻(01/19)
  7. ベイビーステップ 15巻(01/18)
  8. ANGEL VOICE 19巻(01/16)
  9. 彼岸島 最後の47日間 1巻(01/15)
  10. BLOOD ALONE 4巻(01/14)
  11. ドントクライ、ガール (01/12)
  12. 砂の栄冠 2巻(01/10)
  13. ウイニング・チケット 17巻(01/09)
  14. 頭文字D 42巻(01/08)
  15. NARUTO―ナルト― 54巻(01/02)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

BUTTER!!! 2巻

2011.01.29(22:05)
BUTTER!!! 2巻の感想
ヤマシタさんの漫画は、ドントクライ、ガールとHERしか読んでないので、ショートストーリーでの彼女の作風しかしらないので、女性の感情のゆれうごきをうまく書くなーという印象でしたが、この作品では、高校生の男女を連載としてしっかり掘り下げていくわけで、新たな一面を見ている感じがします。

オタク男子君の動きはこの2巻の見所ですね。

ヤマシタさんからみた内気な高校男子ってこういう感じなのかなと。

青春時代って、異性への妄想というか、勘違いというか、思い込みというか、お互い知らなさすぎて、すごいすれ違いがある時期だと思いますが、こうやってぶつかりあってわかりあっていく過程っていいですね。

もうずいぶん昔に過ぎた時代なので、うらやましいかぎりです。

今後主役2人がどういう風に成長していくのか、社交ダンスというテーマも珍しいですし、今注目のヤマシタトモさんの作品ですし、今後が楽しみです^^

BUTTER!!! 作品内容
アフタヌーン誌面で人気急上昇! いま読むべき大注目の青春活劇が、単行本になってついに登場! 
舞台は高校社交ダンス部。元気女子・夏とオタク男子・端場が、ひょんなことからペアを組むことに!
反りが合わない夏&端場だが、社交ダンスは2人で1つ。 衝突や和解を繰り返しつつ、ペアでしか味わえない喜
びや興奮を獲得していく……! 
悩んだり迷ったり、ダンスも青春もぐるぐるぐるぐる、もどかしくって上等だ!
実力派気鋭・ヤマシタトモコが熱筆する、まったく新しいノンストップ青春活劇!!

BUTTER!!! 2巻あらすじ
元気女子・夏とネクラ男子・端場は、ひょんなことから入部した社交ダンス部でペアを組むことに。
反発し合いつつも、少しずつ息が合ってきた2人だが、ある出来事をきっかけに、夏が今までのように踊れなくなってしまう……!
夏はこの試練を乗り越えられるのか。端場はパートナーの危機にどう向き合うのか。
もどかしいほどスバラシイ、社交ダンス部青春活劇第2巻!!

ヤマシタ トモコ (著)  講談社


スポンサーサイト

はじめてだってば! 1巻

2011.01.25(19:46)
はじめてだってば! 1巻の感想
『スマッシュ!』の咲香里さんが描く、月刊ヤングマガジンで連載がスタートした高校恋愛漫画です。
さわやかでういういしい恋愛を描くのは、咲香里さんの本領発揮といったところ。

野球部でマジメで頭もいい高木君と、野生的で元気で明るい、天真爛漫な加奈の2人。

スマッシュは少年マガジンで、今回は月刊ヤングマガジンなので、友達が教室でしちゃってる場面を目撃したりといった場面はあるものの、主人公2人は、初々しい恋愛。

思わず笑っちゃうぐらいの大げさなリアクション。

加奈ちゃんはバドミントン、高木君は野球に打ち込んでいるので、スポーツ面でも2人の成長が見られるのかもしれません。

この後どういう作品になっていくのか楽しみです^^

はじめてだってば! 1巻あらすじ
 はじめは、知らないことばかり。相手のことも、自分のことも。そして、恋の進めかたも・・・・。
とある港町に住む高校生、元気娘の「加奈」と、しっかりものの「高木」。
「はじめて」のことばかりの、ふたり。
咲香里が贈る、ハートフル・ラブストーリーはじまります。

咲 香里 (著) 講談社


GIANT KILLING 18巻

2011.01.22(18:05)
GIANT KILLING 18巻の感想
、こういう監督の下でプレイしたいスポーツ選手はたくさんいるんじゃないでしょうか。

1人1人をちゃんと見て、評価してくれ、アドバイスをくれ、チームの連帯感を作り、戦える集団にしていく指導力。

そんな魅力が思う存分発揮されているこの巻。

同じポジションのライバル、あるいはチームメイトが上達することは、チャンスなんだと。
ポジションを奪われるピンチなのではなく、自分が成長するチャンスなんだと。

試合に出る選手も、出ていない選手も、監督もコーチもスタッフもフロントも、1人1人が考え、動く組織。

強くなるはずですよね。

スポーツ以外でも本来そうですよね。こういうリーダーが必要な組織、たくさんありますよね。

リーダーはこうあるべき、へたなマネジメント本を読むよりも、この作品のほうがいい気がするくらい、オススメの作品です^^

GIANT KILLING 作品内容
達海猛35歳、職業サッカー監督。
今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。
現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

GIANT KILLING 18巻
 札幌戦後半、村越の大胆なゴールで、モヤモヤした展開を吹き飛ばしたETU!
夏キャンプの成果が明確に現れた今、一気に流れに乗りたい!! 
でもでも、落とし穴って意外なトコロに潜んでるもんなんだよね…。
 
ツジトモ (著), 綱本 将也 (クリエイター) 講談社


Odds GP! 5巻

2011.01.20(20:12)
Odds GP! 5巻の感想
漫画アクションで連載中の競輪漫画Odds GP!の最新巻です。
この巻では、シーサーといよいよ対決です。
準決勝までに主人公リンタは、彼らしい走りで、シーサーのホームの人たちからもある程度認められ、決勝はすっきりとした勝負に。

よき友人でもあり好敵手でもある同期って、いいですよね。

前巻の和尚に続き、今回は同期最強のシーサーと対決です。

この巻では、リンタの彼女?であるみほちゃんからのご褒美が話題になりますが、まあなんというか、ほほえましいというか(笑)

リンタは勝負も恋もピュアなんですが、重い過去を背負っている部分とのギャップが、リンタのキャラを立ててくれています。

かつて漫画モンキーターンで競艇を知ったように、この作品を通じて、多くの人が競輪に興味を持つと思います。

きっとこの作品も、そういう狙いがあるからこそ、作中で若いファンがへっている問題とかを取り上げているんだと思いまし、その目的は果たせている作品になっていると思います^^

Odds GP! 5巻あらすじ
『Odds』の正統続編「プロ競輪編」はますます白熱!
「競輪学校編」で戦ったライバル、師匠たちが総出演!プロの世界で火花をちらす!
和尚と同着でA級2班に特昇したリンタ。
次なる相手は、“怪物のタマゴ”シーサーだった!
漫画アクションで連載中!

石渡 治 (著)


絶園のテンペスト 3巻

2011.01.19(23:01)
絶園のテンペスト 3巻の感想
月刊少年ガンガンで連載中のファンタジー漫画です。
キレイな絵と、ユニークな設定が特徴ですが、セリフというか、会話のやり取り、駆け引きが結構こねまわしているので、読むのめんどうくさいとか、考えるの嫌だと言う人にはとっつきづらいかもしれません。

どこまで読むか、という問題ですが、絵とメインストーリー自体はわかりやすいので、深読みしなくてもそれなりには読めますが、この作品のよさは、ある程度予想したり、シェイクスピアの引用とのつながりを感じたり、考えながら読んだほうが楽しめます。

まだ3巻なので、出だしですが、今のところ期待してもよいかなと思い始めています。

この巻でも、会話の駆け引き、というのはかなり出てきますが、その中でそれぞれのキャラの性格も明らかになって、キャラとして立ってきましたし、今後の展開が楽しみです^^

絶園のテンペスト作品内容
ある日、魔法使いの姫君が樽に詰められ島流しにされた。ある日、ひとりの少女が唐突に殺され、犯人が捕まらず時が過ぎた。そしてある日、復讐と魔法をめぐる、時間と空間を越えた戦いが始まった!

絶園のテンペスト 3巻あらすじ
 そんな奇策で破ろうというのか!
自分が為すべき事に気づいた吉野、愛花との思い出にかけて、葉風を救う立証を開始!! 
そして、激しさを増す結界外での攻防戦・・・。この世の理はどのような結末を望むのか・・・!? 
吉野の論理と取引は、葉風を世界を救えるのか!?

原作・城平京、構成・左有秀、作画・彩崎廉 スクウェア・エニックス


ベイビーステップ 15巻

2011.01.18(18:52)
ベイビーステップ 15巻の感想
週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画、ベイビーステップの最新巻です。
テニス歴2年の高校生が真剣にプロのテニスプレイヤーを目指し、奮闘する姿を描くベイビーステップ。
マガジン紙上で、後ろのほうに来ているので、連載が終わってしまわないか心配ですが、私はこの漫画大好きです。
恋愛面は、ベターな展開ですが、この15巻では、ついに主人公のエーちゃんが、思い続けてきたナツとくっつきます。おめでとう(笑)

テニスのほうは、関東大会の2回戦まで来ました。
1戦1戦が、ここで負けたらプロになるのをあきらめる、という覚悟で戦う主人公。

その奮闘と、テニスを好きだという気持ちと、あきらめずに工夫する姿が、作品中のまわりの人間だけでなく、読む人をひきつけます。

テニス漫画、数少ないですし、この作品はちゃんとテニスを書いていますから、今後も続けてもらいたい作品なんですよね。中途半端な最終回を迎えるのではなく、飛ばして最後プロになったところをやるのでもなく、ちゃんとこれまでどおり、なるまでの成長過程を、大事に書いて欲しいと思います。

ベイビーステップ作品あらすじ
小学生のときから、成績はずっとオールA!
几帳面でマジメな“エーちゃん”は、高校進学を機に軽~い気持ちでテニススクールに通い始める。
そこで、ちょっぴりいい加減!?でも、テニスに懸ける情熱だけはマジメな美少女“ナツ”と出会い、テニスの魅力に取りつかれて人生激変!!

ベイビーステップ 15巻あらすじ
関東ジュニアテニス大会が始まった! 
全日本ジュニア大会の出場権を得るには、最低でもベスト16入りが大前提のエーちゃんは、緒戦を無事突破し、運命の2回戦進出を決める。
しかし、2回戦の相手は第5シードの強敵・井出義明!! 
全日本ジュニアで優勝できなければプロを諦めなくてはならないエーちゃんのテニス人生を懸けた大勝負が始まる!

勝木 光 (著)  講談社


ANGEL VOICE 19巻

2011.01.16(11:08)
ANGEL VOICE 19巻の感想
週刊少年チャンピョンで連載中の高校サッカーマンガの最新巻です。
この漫画のタイトルとなっているANGEL VOICEってマネージャーである麻衣ちゃんの歌声なんだと私は勝手に思っているのですが、その麻衣ちゃんの病状がこの巻では明らかになります。
言葉が出てこない、脳に関する病気です。

そんな中、FWである成田は、尋常じゃない運動神経とスピードを持つものの、1対1のシュートをはずすという課題がありましたが、この巻ではそれと向き合い、彼らしいやり方で乗り越えていきます。

FWとして本格的に覚醒していく感じがしますし、今後の大会ではきっと得点を量産していくことでしょう。

彼の成長なくして、今後全国レベルでの強豪と戦ってはいけないですからね。

今後のチームのさらなる成長と戦いが楽しみな漫画です^^

ANGEL VOICE 19巻あらすじ
 乾の発言から崩壊の危機に陥った市蘭サッカー部。サッカー勝負で乾はチームメイトに何を示そうとしたのか? そして麻衣に異変が…!?

古谷野 孝雄 (著)  秋田書店


彼岸島 最後の47日間 1巻

2011.01.15(17:00)
彼岸島 最後の47日間 1巻の感想
バンパイアホラーアクション漫画、彼岸島の新シリーズの第1巻です。
シリーズ名がついて、1巻からになってますが、1stシリーズ最終巻である33巻の続きではあります。

ただ、雅のたくらみが明らかになり、日本を救うために残された時間が47日、ということになりました。

ここからは、島から脱出するとか、いつまでかかってもいいから雅を倒すとか、そういうことではなく、彼の野心を止めるために、47日以内に吸血鬼軍を殲滅しなければ、日本全土が吸血鬼に駆逐されるという事態になってしまいます。

1巻では、新たな戦いに入る前に、新たな漂流者が。

彼らが今後どうこの島での惨劇に巻き込まれていくのか、この島で誰もが疑問を持ち、そして辛いことを乗り越え、今の戦いにつながっていますが、新しいメンバーからすると、吸血鬼化した仲間を殺す、ということを受け入れるまで時間がかかってしまいますよね。普通の感覚なわけですから。

しかし今回は47日というリミットがあるので、彼らが受け入れるまで待つことはできません。

今後の大事な場面で主人公である明の足をひっぱることになるのでは、と思います。

はたしてどうなるでしょう・・・・

彼岸島 最後の47日間 1巻あらすじ
人間と吸血鬼の最終戦争が始まった!
日本が吸血鬼の島と化すまで残された時間は47日間。
それまでに雅率いる吸血鬼軍を殲滅しなければならない。
そんな矢先、島に新たな漂流者がやって来た。
何も知らない新参者が大問題を起こす!!


BLOOD ALONE 4巻

2011.01.14(13:10)
BLOOD ALONE 4巻の感想
電撃コミックスから移籍して新しく発行されている単行本の第4巻。
徐々に過去が明らかになってきましたね。
1巻から3巻はわりとほのぼのとしたストーリーが中心でしたが、4巻でその2人の過去が明らかになります。

これアマゾンのあらすじ見てあらためて気づいたのですが、やはりラブストーリーなのですね(笑)
ミサキちゃんからクロエへの思いは嫌というほど伝わってくるのですが、クロエのほうは父親的、兄的にミサキを扱っているように見えるので、どうなっていくのだろう、とは思っていました。

ほのぼのといいながらも、血なまぐさい展開もある設定のマンガなので、今後どうなっているのか、楽しみです。

絵柄が、この作品の世界観とピッタリで、実際のシナリオの出来不出来以上に見えてしまうのは錯覚でしょうか(笑)

なんだかんだ読んでいく作品になると思っていますので、今後の2人の関係の進展が楽しみです^^

BLOOD ALONE 4巻あらすじ
小説家と探偵、二つの顔を持つ青年クロエと、幼き吸血鬼の少女ミサキ。数奇な運命により結ばれた二人が織りなす、ストレンジラブストーリー!

初期バージョンの『EARLY NIGHTS』を各巻(1~6巻)に収録! 総計150ページ超! クロエとミサキ、二人の物語の原型がここにある!

狩猟者(ヴァナトーレ)として、吸血鬼を狩っていた青年クロエは、ある日、世界的なミュージシャンである湊レイジの娘、ミサキの面倒を見ることに。最初は反発するミサキだったが、クロエの心の中にある大きな穴に気づき、次第に打ち解けてゆくー。二人の出会いが描かれた「LONDON WALTZ」編を全て収録!!

高野 真之 (著)


ドントクライ、ガール

2011.01.12(21:44)
ドントクライ、ガールの感想
「このマンガがすごい!2011 オンナ編」の1位、2位を独占したヤマシタトモコさんの2位を取ったほうの作品です。
設定もそうなんですけど、この人の作品に出てくる女の人って、若い男の子から見て知らない女の実態がつまっている感じですよね(笑)
怖いところとか、何を大切にしているかとか、ピュアなところとか、残酷なところとか、打算的なところとか・・・

で、この単行本のメインのほうの主人公たえ子さん。

女子高生と全裸の30代男性とのドタバタラブコメなんですけど、クスりと笑わせてくれる良作です。

なんか絵柄が苦手でいままでこの人の作品読んでいなかったんですけど、読んだら面白くて、1位のHERもすぐ読みました。

他の作品も読んでみよう、と思うだけの面白さが、この「ドントクライ、ガール」にありました。

1位、2位独占も納得です。

作中の雰囲気が・・・と思いましたが、ボーイズラブ系を書いている方だったのですね、もともと。
一般コミックの分野への進出後の作品が1位、2位をとったと。

独特の視点で、女の人を描くヤマシタトモコさん、今後の活躍も期待しています^^

ドントクライ、ガールのあらすじ
親の不手際で知人宅に居候することになった悲劇の少女・たえ子。
そしてピンポン鳴らすと真っ裸でドアを開けた裸族の男・升田。
清純な女子高生相手に、裸でお出迎え…?
まさに衝撃の初対面。たえ子が17年間積み上げてきた価値観が、グラグラと音を立てる。
これって現実? わたし、今、正気? 泣いていても始まらない、爆笑青春ストーリー♪

ヤマシタ トモコ (著)   リブレ出版


砂の栄冠 2巻

2011.01.10(23:36)
砂の栄冠 2巻の感想
ドラゴン桜の作者が描く高校野球マンガ。普通のスポーツマンガとはちょっと視点が違います。
頭を使って考え、工夫し乗り越えていく、そのあたりが一番のポイントになってくると思います。

ドラゴン桜では東大受験、マネーの拳では起業、エンゼルバンクで転職、銀のアンカーでは新卒の就職、と様々な年齢、様々な立場の人々をするどい視点と、徹底した取材で描いてきた作者が今回のテーマに選んだのは高校野球。

普通の野球青春マンガとはまったく違う展開になりそうで、楽しみです。

まだ2巻ですが、早くもその片鱗を見せています。

監督に逆らい、そしてお金を使い、自分の判断で自分の道を切り開いていく主人公。

七嶋キャプテンが今後作りあげていくチーム、楽しみですね^^

砂の栄冠 2巻あらすじ
「甲子園に出るまで使いません」と宣言し、トクさんから託された1千万円をグラウンドに埋めた新主将・七嶋。だが、舌の根の乾かぬうちに掘り起こして、甲子園へ向かってしまう‥‥。
そこで受けた衝撃は、七嶋の心を黒くするに十分なものだった。
大反響! 「黒い七嶋」誕生の第2巻!

三田 紀房 (著)  講談社


ウイニング・チケット 17巻

2011.01.09(18:56)
ウイニング・チケット 17巻の感想。
ダービーが決着し、エドワードが二階堂と握手。その手は鉄で出来ている義手でした。
貴族のお遊びではなく、真剣に馬と生きてきた男。
二階堂は認識を新たにします。

そしてその後のエドワード陣営のエピソード。

彼が自分の欠点、何が二階堂に負けているのか気づき、改善していく様子が描かれ、敵陣営も1枚岩に。

一方二階堂陣営は、相変わらずの団結。その中にある感情的なしこりでさえ、気配りにより解決。

競馬マンガでありながら、ヒューマンドラマであるこの作品。

馬好きじゃなくても、読める作品だと思います^^

ウイニング・チケット 作品あらすじ
日本競馬業界に衝撃! 当たり馬券を完全伝授!?
北海道・日高。
国内サラブレッド生産の9割りを占めるこの地域で、けして楽ではないものの、健全な家族経営牧場の息子として生まれ育った主人公・二階堂駿。
だが、そんな小さな幸せな暮らしは、ある出来事により一瞬にして吹き飛んでしまう。すべてを失った駿に、たった一つだけ残されたもの‥‥それは!?

ウイニング・チケット 17巻あらすじ
 地方所属馬同士の対決になった日本ダービーは、完璧な仕上がり、圧倒的な実力を持つニュートンジョンが逃げ切った。
だが半馬身差まで追い上げたキンタの末脚に場内は熱狂につつまれる。
追い上げた二階堂陣営の実力を認め、たたえるエドワードとギルバート調教師。
だがエドワードが次に出した挑戦状は、二階堂達の想像を超越するものだった‥‥。
日本中のサラブレッド生産者に衝撃が走る!!

小松 大幹 (著), 河村 清明 (クリエイター) 講談社


頭文字D 42巻

2011.01.08(23:54)
頭文字D 42巻の感想
週刊ヤングマガジンで連載中の公道バトル漫画、イニシャルDの最新巻です。
不定期連載なぐらい休みの回が多く、また1回のページ数も少ないため、単行本が出るペースが遅いですね・・・

この42巻は、イニシャルDの創設者である涼介が因縁のバトルに決着をつけます。

過去にどういうことがあったのかも明らかになりましたしね。

そしてこの巻の最後は、主人公拓海がオフを彼女とゴルフ練習場で過ごすまったりした姿が。

なんかこの2人、いい空気で付き合ってますけども、今後どうなるんですかね・・・

やはり最後は拓海は、表のレースの世界に出ていくまでやるんでしょうか。

そうなるとこの作品の特徴が失われると思いますので、そこまではやらないような気も・・・

そうするとどういう形でエンディングを迎えるのか、予想がつきません。

42巻まで来るとは思いませんでしたが、こういうタイプの車漫画でこの長さになるとは、さすがヤンマガです。

そのあたりは作者の方向性を無理やりねじっていない自由な空気を感じていいですよね。

この作者は、自由過ぎて、連載が進むのが遅すぎですけどもね・・・

頭文字D 42巻あらすじ
死闘の終わりに奇跡が待っていた!!
涼介と北条凛の果たし合いは終盤、思わぬ事態を迎える! 
涼介を仕留めきれない死神GT-Rに、破滅へ導く異変が忍び寄っていた。
神奈川エリア最凶のダウンヒルステージで命懸けの攻防が沸点を超えようとしていたーー。
今は亡き香織の命日に行われたリアルファイトはバトルを超えた宿命の結末へと向かうーー!

しげの 秀一 (著) 講談社


NARUTO―ナルト― 54巻

2011.01.02(18:55)
NARUTO -ナルトー 54巻の感想
週刊少年ジャンプで連載中の長編忍術アクション漫画、NARUTO(ナルト)。
54巻では、ついに前巻で九尾のチャクラを得たナルトが、潜入している敵に気づくところから始まります。

鬼鮫は、仲間殺しとはいうものの、やはりそれにはそれなりの孤独とプライドがあった模様。

そして最後の最後、仲間のために動く彼。なんだか純粋な悪、というわけでない敵の最後は、ちょっと悲しいですね。

中盤は、マダラを裏切ったあの娘が、大技を繰り出し、マダラを追い込みます。

終盤は、スパイに気づいた忍び連合軍側が、土影を送り込み、戦闘開始。

おじいさん土影 VS 転生させられたあの爆弾の芸術家

いろんなところで、いろんな対戦が。

いよいよ次巻ぐらいから、忍び大戦となりそうです。

NARUTO -ナルトー 54巻あらすじ
父と母が遺した想いを受け継ぎ、忍として新たな成長を遂げるナルト!
九尾をコントロールした新能力で、“鮫肌"に潜んでいた鬼鮫を捕捉。
情報を奪取し逃げ出す鬼鮫の前に、木ノ葉の蒼い猛獣が三度、立ち塞がる!!

岸本斉史 著 集英社

漫画全巻.com NARUTO [ナルト] セット

イーブックオフ 中古本 NARUTO




NARUTO関連リンク
ナルトドットコム
NARUTO -ナルト- 疾風伝
NARUTO -ナルトー Wikipedia
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。