2007年10月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 新暗行御史 17巻(10/27)
  3. DEARBOYS ACT2 26巻(10/22)
  4. 結界師 18巻(10/19)
  5. Odds -オッズ- 5巻(10/16)
  6. 頭文字D 36巻 (10/13)
  7. 彼岸島 21巻(10/11)
  8. クロサギ 15巻(10/10)
  9. 銀のアンカー 3巻(10/08)
  10. BLEACH 30巻(10/07)
  11. CLAYMORE 13巻(10/06)
  12. HUNTER×HUNTER 24巻(10/04)
  13. ファイブ 4巻(10/02)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

新暗行御史 17巻

2007.10.27(08:57)
新暗行御史 17巻 の感想

「迴光反照」がごとく、美しく輝きながらも、消えかかる直前の、文秀の命の火。この最終巻では、文秀将軍が仲間を率い、阿志秦率いる化け物の軍団と激突する直前から始まります。

 急に最終回に向かったのか、かなりの場面を1冊につめこんで、あわただしく終わった印象です。
山道の場面もなんとかつめこみましたが、もう少しやりとりがあっても良かった気がします。

一応決着はついているので、中途半端な終わり方ではないのですが、前半から中盤にかけて、グイグイとひっぱっていく展開と、綺麗な絵、迫力のある戦闘シーンで魅力的な作品だったっだけに、終わり方も丁寧に描いて欲しかったという不満は残りました。

 急に終わったのは、あまり人気がでずに打ち切りだったのでしょうか?
それとも、作者のこの作品に対するモチベーションが無くなったのでしょうか? 

 東洋の雰囲気で描かれているファンタジー作品はあまりないので、次回作を期待しています。

作品あらすじ
 弱気を助け強気をくじく暗行御史(あんぎょうおんし)・文秀(ムンス)が、世の悪を叩きのめす!! 韓国コミック界の異才コンビが放つ、勧善懲悪スーパー伝記アクション!

尹 仁完 (著), 梁 慶一 (イラスト)  小学館

イーブックオフの中古本 新暗行御史1~10巻セット>


新暗行御史 17 (17) (サンデーGXコミックス)新暗行御史 17 (17) (サンデーGXコミックス)
尹 仁完 梁 慶一


スポンサーサイト

DEARBOYS ACT2 26巻

2007.10.22(17:04)
DEARBOYS ACT2 26巻の感想

月刊少年マガジンで連載中のバスケ漫画 DEARBOYS ACT2 の26巻。
インターハイ準々決勝 瑞穂VS秋田城北がついに決着します。

試合後の秋田城北のメンバーと監督のやりとりは、まさに苦楽をともにした信頼関係が垣間見られ、いいシーンでしたね^^

そして瑞穂。

藤原拓弥の内面の成長振りが目覚しいですよね。
自分の敵への憎しみ、というモチベーションではなく、自分を支えてくれている達への感謝の気持ちへ。

この変化は、きっと試合中の窮地にこそ発揮されるかもしれませんね。

いよいよあと2戦

準決勝で成田中央。

そして決勝で天童寺。

おそらくこの2試合でこの作品はエンディングでしょうから、
最後の盛り上がり、期待しています!

八神 ひろき 著 講談社

漫画全巻.com DEAR BOYS 全23巻セット

漫画全巻.com DEAR BOYS ACT2 セット


DEAR BOYS ACT2 26 (26) (月刊マガジンコミックス)DEAR BOYS ACT2 26 (26) (月刊マガジンコミックス)
八神 ひろき



結界師 18巻

2007.10.19(14:17)
結界師 18巻 の感想

週刊少年サンデーで連載中の結界師の少年良守の成長を描く妖怪ファンタジー作品の18巻です。

17巻で良守の兄、正守が追う強敵 無道との対戦後のエピソードからスタートです。

閉じゆく神佑地から脱出しようと試みるも、力尽きそうになる正守。
そしてここでも彼を助けたのは、弟である良守。

無道との対戦を通じて、自分と良守の違いを痛感する正守。

破壊衝動から生み出される消すだけの結界と、
守りたい衝動から生み出される、味方を助けるための結界

相手が何を考えていようと、自分が守りたい人を守る良守の純粋さが、兄にとっては「自分がどれだけゆがんだかわかる尺度」と自虐的に言ってしまうほどまぶしいわけです。

前巻と18巻の前半は、兄とのからみなので、普段の結界師よりも内容が濃く、作品の長所が目立つ展開になっています。

今後正守のダークサイドの部分が増長し、良守と激突するような展開にならないといいのですが、そのあたりを解決する鍵は、飛び回りながら何かを追いかけている母親にある気がするのですが、どうでしょう?
 
作品あらすじ
 400年続く結界師の家に跡取りとして生まれた良守と時音。妖怪たちがぞくぞくと集まる烏森の地で、妖怪退治とケンカの毎日を送るが・・・

田辺 イエロウ (著)  小学館

漫画全巻.com 結界師 セット


結界師 18 (18) (少年サンデーコミックス)結界師 18 (18) (少年サンデーコミックス)
田辺 イエロウ




リンク
結界師 WEBサンデー

Odds -オッズ- 5巻

2007.10.16(07:11)
Odds -オッズ- 5巻の感想

週刊ヤングサンデーで連載中のけいりん漫画 Odds。
4巻で熱い師弟関係が築かれた主人公辻堂麟太郎と師匠の秋谷。

5巻では2人がそれぞれ戦いと向き合います。

やっと一つの壁を突破できた麟太郎。
そして何かがふっきれた秋谷。

それぞれ、お互いを必要としていたこの2人。

きっと将来、同じラインで走る2人を見る事ができるのでしょう。

そして犬の小太郎君も、この漫画にはかかせない愛嬌のあるキャラになってきましたね^^
秋谷のお姉さんとともに、わきをかため、作品にほのぼの感を与えてくれる貴重な登場メンバーです。

週刊ヤングサンデーでは、連載場所がちょっと後ろの方ですが、打ち切られないよう頑張って欲しい作品です^^

目次
 第43話/バンク特性
 第44話/勝ち目なし?
 第45話/弟子の戦い・師の戦い
 第46話/レッド
 第47話/更なる欠点
 第48話/始まりのゴール 
 第49話/筋肉痛な一日
 第50話/小田原競輪場 
 第51話/む~んな決勝戦
 第52話/底力
 第53話/む~んの顛末
 
作品あらすじ
 グランプリの優勝賞金は1億円、平均年収は1千万円以上! 時速70kmで激突する「競輪」の世界に挑む青年・辻堂麟太郎の闘いを、スポーツ漫画の旗手が熱く描く、衝撃のガチンコ競輪敢闘伝!!

5巻あらすじ
 競輪選手として致命的な欠点を持つ麟太郎が、最強のライバルと勝負する! 一方、小田原でレースを走る師匠・秋谷は、なぜか“死に神”の技を封印して・・・? 麟太郎と秋谷の師弟はそれぞれの戦いに勝つことが出来るのか!?

石渡治 著 小学館

Odds 5 (5) (ヤングサンデーコミックス)Odds 5 (5) (ヤングサンデーコミックス)
石渡 治


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

頭文字D 36巻 

2007.10.13(00:30)
頭文字D イニシャルD 36巻 の感想

週刊ヤングマガジンで連載中の公道バトルをテーマにしたレーシング漫画 頭文字Dの36巻です。

この作品も結構長くなってきましたね。

今回は神奈川編の2戦目。そして主人公拓海の相手は、かつて日光で一度戦い、その後プロのレーシングドライバーになっている小柏。
父親同士も因縁を持つ、親子2代に渡るバトルの再戦です。

今回結構拓海の父親である文太の出番が多いです(笑)

彼が最後に拓海にしてあげられることってなんでしょうね?

やはりハチロクから卒業させ、インプあたりに乗り換えさせるのでしょうか?
ハチロクはドライバーを育てる車だ、とかつて教えていたようですから、そろそろ次の"早く走る車”に乗り換える時期なのかなと。

もちろん今の彼は、ハチロクという車にのっているからこその魅力があるので、微妙ではありますが・・・

そして今回はちょっと涼介の過去をにおわす発言が。

なぜ彼が公道での走りにこだわり続けるのか。
そのあたりの原点となるエピソードなのでしょうね。
この神奈川編で明らかになるようなので、楽しみですね^^

おそらく、この神奈川編で公道バトルのフィニッシュを迎える気がします。
遠征の距離、レベル等を考えても、次は無いですよね?

そこで最終回を迎えるのか、それとも新たなステージ、プロのドライバーになる2人をこのまま追うのか。

私自身は、サーキットを走る拓海も見てみたい気もしますが、どうでしょう?

36巻あらすじ
 拓海 vs.小柏カイ戦、再び!
導かれたのか!?決戦は新たな舞台へ!神奈川エリア第2ラウンド開始!!!!!!!!!

しげの 秀一 著 講談社

漫画全巻.com 頭文字〈イニシャル〉D セット

イーブックオフ 中古本 頭文字D


頭文字D 36 (36) (ヤングマガジンコミックス)頭文字D 36 (36) (ヤングマガジンコミックス)
しげの 秀一



彼岸島 21巻

2007.10.11(22:32)
彼岸島 21巻 の感想

週刊ヤングマガジンで連載中の吸血鬼サバイバルホラー漫画、彼岸島。
21巻では、主人公明が様々な場面で成長した姿をみせてくれます。

仲間を救うため、自分から相手につかまり、無事仲間2人と合流した後、師匠とのコンビで邪鬼と対戦。

刀を持ったときの明はかなり強くなりましたよね。

そして、後半・・・

21巻のメインである、吸血鬼側に仕方なくついた人間へみせる彼の背中。

背中が明が背負っているものをみせつける存在感を放ちます。

この場面の明なんて、もうこの漫画の最初の頃と比べたら、別人ですよね^^

今後彼らは無事雅を倒し、島を脱出することができるのでしょうか・・・

ハッピーエンドを期待しているのですが、雅との直接対決までは、まだかかりそうですね。

1人、1人仲間が減っていく展開じゃないことを祈ります。

21巻あらすじ
 安心して彼の世に逝ってくれ 吸血鬼サバイバルホラー

人間と吸血鬼――その存亡をかけた全面戦争に突入!だが吸血鬼側の蜘蛛婆に次々と捕らわれる仲間たち。仲間を救出すべく明は死臭漂う地下へ単独潜入を試みる!!

著者: 松本光司 講談社

漫画全巻.com 彼岸島 セット

イーブックオフ 中古本 彼岸島


彼岸島 21 (21) (ヤングマガジンコミックス)彼岸島 21 (21) (ヤングマガジンコミックス)
松本 光司



クロサギ 15巻

2007.10.10(22:31)
クロサギ 15巻 の感想

15巻のメインはNPO法人詐欺。
この巻では主人公黒崎の親を破滅させた御木本に一歩近づきます。

そして黒崎を追う刑事もからんできて、いつもの単純な短編よりも、より本筋というか、メインのストーリーに近いところが動きます。

もちろん、そう簡単に破滅させられる相手ではなく、そして"あの人"は今回も何もかもお見通しの様子。

まだまだ続きがありそうですね^^

このクロサギでは様々な詐欺の手口が紹介され、被害者の心理もとりあげられています。

世の中の詐欺事件に騙される人が、こういう作品を読む事で少しでも減るといいのですが・・・

15巻あらすじ
 NPO法人詐欺ほか2編を収録。
復讐のために、黒崎が御木本を追う・・・!!

作品あらすじ
すべては喰うか、喰われるか―― 詐欺に遭った父が起こした一家心中で、ただ独り生き残った青年・黒崎が、詐欺師を騙し返す“クロサギ”となって立ち向かう戦慄サスペンス!!

著:黒丸 原案:夏原武 小学館

漫画全巻.com  クロサギ セット

イーブックオフ 中古本 クロサギ


クロサギ 15―戦慄の詐欺サスペンス (15) (ヤングサンデーコミックス)クロサギ 15―戦慄の詐欺サスペンス (15) (ヤングサンデーコミックス)
黒丸




リンク
ヤンサンWEB/クロサギ

銀のアンカー 3巻

2007.10.08(14:38)
銀のアンカー 3巻 の感想

ドラゴン桜の作者の就職指南漫画、銀のアンカー。
この3巻ではOB・OG訪問の重要性から始まります。

確かに就職活動中の学生って、セミナーとかは参加しますけど、OB・OG訪問を進んでする人って、まだまだ少ないですよね。

エントリーシートを見てもらってアドバイスをもらったり、会社の中の事を聞いて、その職業のイメージが具体化したり、メリット満載にもかかわらず・・・

やはり自分から積極的に動かないといけないところが、学生にはハードル高いのでしょうかね?

どの業種でも、ただ就職活動中の学生というだけで会ってもらえるなんて、もう2度と無い機会なので、積極的に活用するべきだと思います。

この銀のアンカーは、就職活動の一連の流れの中で自分を見つめなおし、積極性や考える力について、その重要性を書いてますが、ドラゴン桜の時の受験時と、根本に流れているものは同じだと思います。

あの路線のまま、就職活動したらこうなる、というのがこの漫画です。
これから就職活動の学生にはぜひオススメしたい作品です^^

作品あらすじ
元カリスマヘッドハンター・白川義彦の就活指南! “内定”を手に入れたいアナタに贈る熱きメッセージと驚愕のテクニック!! これを読んで、就職戦線を勝ち抜け!!!

三田 紀房 (著), 関 達也 (著)  集英社

銀のアンカー 3 (3) (ジャンプコミックスデラックス)銀のアンカー 3 (3) (ジャンプコミックスデラックス)
三田 紀房 関 達也




BLEACH 30巻

2007.10.07(10:54)
BLEACH 30巻の感想

週刊少年ジャンプで連載中の死神アクション漫画BLEACH。
ここしばらく評判が落ちたまま低め安定している作品ですが、ルキアがお気に入りキャラの人は、この30巻、彼女が久々のメインの扱いなので、喜んでいるのではないでしょうか?

ルキアVS海燕のシーンがピンと来ない人には、ここ最近の低め安定のBLEACHのままです。

ルキア奪還編が結構良かっただけに、今回の織姫奪還編が、基本設定が似ていて、内容が下がっているというところが、最大の問題ですよね・・・

この根本を突き破らないと、人気復活は難しいのではないでしょうか。

黒崎の父や石田の父など、そこそこ楽しみな伏線は一応残っているので、作者に不本意なタイミングで打ち切られる前に、そのあたりの伏線をきちっと回収して今回のシリーズで終わらせたほうが、良いような気がします。

せっかく石田とかチャドとかルキア兄とか、ちゃんとキャラとして立っている登場人物が結構いるので、最後変な終わり方しないことを期待しています^^

30巻あらすじ
茶渡の霊圧に変化が・・・!? 危機を察知した一護達に激震が走る! 一方、ルキアは、謎めく十刃・アーロニーロと対峙! だが、その仮面の下には、驚くべき人物の顔が…!! ルキアを翻弄する十刃の正体とは!?

著:久保帯人  集英社

漫画全巻.com BLEACH [ブリーチ] セット

イーブックオフ 中古本 BLEACH


BLEACH 30 (30) (ジャンプコミックス)BLEACH 30 (30) (ジャンプコミックス)
久保 帯人




リンク
BLEACH Wikipedia
Bleach.com
BLEACH -POP WEB JUMP-
『BLEACH』WEB EDITION

CLAYMORE 13巻

2007.10.06(06:56)
CLAYMORE クレイモア 13巻の感想

12巻で7年後の主人公クレア達の姿から再開されましたが、その続きです。
北から南へ動き出した彼女らが、強大な敵と戦闘中の組織本部からの討伐チームに遭遇します。

本当の力を隠していた相手に壊滅させられそうになる討伐チーム。
妖気を隠していたクレア達も放ってはおけず、助けに入ります。

その問答の中から、自分達が姿を消していた間の状況を聞きだします。

深遠なる者達の駆引き。
組織本部の深謀

この13巻ではちょこちょこと今まで謎だった部分の1部が明らかになります。

そして番外編でのメンバーの過去。

このあたりのヒューマンドラマが、女剣士達の背負っているものが何かを描いていて、この漫画に深みを与えてくれていますよね^^

月刊少年ジャンプが廃刊になり、雑誌移籍となりましたが、今後もぜひ続けてもらいたいファンタジー作品です^^

13巻あらすじ
北の戦乱から七年が過ぎた。妖気を抑え身を潜めていたクレア達は散っていった仲間の敵を討つため、南進を開始する。一行はその道程で、西のリフルと対峙する新世代戦士達と遭遇。その能力は驚くべきもので・・・。

あらすじ
 古より人が妖魔に喰われる存在であったこの世界。
人は長く妖魔に対抗する手段を持てずにいた。だが人は半人半妖の女戦士を生み出した。
妖魔の正体を見極める銀眼と、背負いし大剣を武器に人々にあだなす妖魔と戦い続けるクレイモアと呼ばれる女戦士たち。

八木 教広 著 集英社

漫画全巻.com CLAYMORE [クレイモア] セット

イーブックオフ 中古本 クレイモア


CLAYMORE 13 (13) (ジャンプコミックス)CLAYMORE 13 (13) (ジャンプコミックス)
八木 教広




リンク
公式サイト:CLAYMORE.com
CLAYMORE 集英社
クレイモア s-manga.net

HUNTER×HUNTER 24巻

2007.10.04(22:08)
HUNTER×HUNTER 24巻 の感想

週刊少年ジャンプで不定期連載中のHUNTER×HUNTER。
久々の最新巻です(笑)

王にたどり着くための作戦が進むなか、王はコムギと軍儀に夢中のままです。

ただコムギと接する中で考え方に変化の兆しが見える王。

このあたり、今後の展開に影響しそうですよね・・・

ちなみに、24巻では主人公ゴンはほとんど出番がありません。

この巻の主役はむしろ、煙の彼でしょう。

なかなかの戦いっぷりを見せてくれます。

しかしそれにしても、スローな連載ペース。
ジャンプ本誌でもこの10月頭から約1年8ヶ月ぶりに連載再開したようなので、なんとか隔週ぐらいでは頑張って欲しいところです。
もう絵柄や背景に手を抜こうが文句を言いませんので(笑)

まだまだ回収していない伏線も多く、先が長い作品だと思いますので、作者の意欲が完全に無くならないうちに、進めて欲しいと思います。

楽しみな作品なので、次巻が待ち遠しいです。
いったい25巻を読むのは、いつになるのでしょうか・・・・

24巻あらすじ
 宮殿内で王に異変!? コムギとの軍儀の対戦中、軍儀への覚悟のなさから、王は自らの身体を傷つける。一方この機にノヴは宮殿内部へ「入り口」を作りに潜入!! 王とゴン達、互いの準備が進む中、選別の時が迫る!!

冨樫義博 著 集英社

漫画全巻.com HUNTER×HUNTER セット


HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)
冨樫 義博



ファイブ 4巻

2007.10.02(19:07)
ファイブ 4巻 の感想

実在するポイントガード・佐古賢一を主人公としたバスケ漫画、ファイブ。

この巻では3巻から引き続き若き天才朝日雄太郎との対戦です。
1戦目と異なり、チームとして機能し始める相手チーム。
一方平均年齢が圧倒的に高い、ベテランリストラ戦士のチームであるアイシンは徐々に引き離されます。

後半は佐古のヒザと家族との話。

不安を抱えながら夫を支える佐古の奥さん。

こういう実業団チームでのプロ契約って確かに身分が不安定で、まして怪我を抱えていれば、家族は不安で仕方ないですよね。

このファイブは、こういう実業団スポーツの両面を見る事ができる秀作だと思います。

今後もこのベテランチームの活躍が楽しみです^^

あらすじ
 バブル後、数々の実業団チームが廃部に追い込まれたバスケットボール界。実在する天才ポイントガード・佐古賢一がリストラから再び栄光をつかむまでを描く、セミ・ドキュメンタリードラマ!!

平山 讓 (著), くさか 里樹 (イラスト) 小学館

ファイブ 4 (4) (ビッグコミックス)ファイブ 4 (4) (ビッグコミックス)
平山 讓 くさか 里樹



| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。