コミック感想 さ行

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 進撃の巨人 6巻(12/10)
  3. 坂道のアポロン 8巻(11/14)
  4. 砂の栄冠 6巻(11/10)
  5. 軍鶏 26巻(11/01)
  6. GIANT KILLING 21巻(10/31)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

進撃の巨人 6巻

2011.12.10(22:02)
進撃の巨人 6巻
去年今年のマンガ関連の賞を多数取っている作品、進撃の巨人の最新巻です。
このマンガがすごい!2011年版、オトコ編で第1位なだけあって、特徴のある設定・ストーリー、キャラクターが光ります。

この6巻でも、戦闘シーン、登場キャラクターの個性、主人公の葛藤、なかなか見ごたえがあります。

まだ作品としては序盤なんでしょうけども、テンポよくどんどん進むため、まだ6巻だったか、という印象です。

中身の濃さと読んでいて世界観に巻き込まれる度合いでいけば、もう15巻ぐらいでも不思議ではない感じがします。

もう世に出ていますが、連載雑誌がマイナーなので、まだ手にとって無い方も多いのではないでしょうか。

戦闘シーンとかがキライでなく、ちょっとクセのある絵を乗り越えれば、問題なく楽しめるオススメの作品です^^

進撃の巨人 作品内容
 巨人がすべてを支配する世界。
巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。
だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

進撃の巨人 6巻あらすじ
 エレンの生家に眠る「巨人の謎」を求め、壁外調査に乗り出した調査兵団。
そこにはアルミンやミカサらの姿も。
順調かと思われた道中、突如としてアルミンの前に「女型の巨人」が現れて陣形を破壊し‥‥。

諫山創 (著)   講談社


【送料無料】進撃の巨人(6)
スポンサーサイト

坂道のアポロン 8巻

2011.11.14(23:46)
坂道のアポロン 8巻の感想
2009年のこのマンガがすごい、オンナ編の1位をとったときから読んでいる坂道のアポロン。
待望の新刊です。

千太郎が親友である薫のおかげで父親とのしこりを乗り越えた矢先に、悲しい事故が・・・

なんとなくいい方向に向かっていたのが、この出来事は当然彼の根幹をゆさぶります。

せつない青春、ちょっと昔の雰囲気。

こういう空気が流れている作品って、珍しいですよね。

坂道のアポロンって、若い人、10代後半の人たちが読むとどうなでしょう。

今の高校生はこの作品を読んで、どう感じるんでしょう。

薫・千太郎・律子のようなもどかしさみたいなものとかって、共感できるのでしょうか。

人とどう関わっていくか、どうつながっていくか、携帯やメールが当たり前のようにある今の時代とは対極的に、何をするにしても手間がかかった時代。

古きよき時代とも言われますが、今のほうがきっと選択肢や自由はあると思います。

読んでいて、ふとそんなことが頭をよぎりました。

坂道のアポロン 8巻あらすじ
 甘くて苦い青春の記憶が、ジャズの名曲と!
1960年代、九州。
坂道のある街で少年達は出会い、恋に揺れ、ジャズに夢を見、家族に悩んで成長する。
こんな友人が欲しかった!こんな恋をしたかった!
そう思いながら、切ない物語に涙する「このマンガがすごい!2009オンナ編」1位作品が、ますます
深みを増してパワーアップ!
待望の第8巻!

小玉 ユキ (著) 小学館


【送料無料】坂道のアポロン(8)

砂の栄冠 6巻

2011.11.10(06:41)
砂の栄冠 6巻の感想
 週刊ヤングマガジンで連載中の高校野球漫画、砂の栄冠の最新巻です。
この漫画はドラゴン桜の作者が描いているだけあって、単純な高校野球青春漫画というよりも、高校野球の裏側をより見せたり、効率をどう追求して甲子園に出るのか、あるいはその方法論みたいなところにもスポットがあたっています。

ただこの6巻は、大事な試合も大詰めの場面に来て、チームを引っ張るエース七嶋が招いた窮地を、チームが支え、乗り越えていく王道な展開になっています。

しかしこの樫野高校の監督、最悪ですよね・・・

でもこういう大人、実際にいそうだから、変にリアリティはあります。

高校野球の持っている純粋さと、そうでない部分と。

異色の野球漫画として、なんだかんだ毎回楽しみに読んでいます。

この作者三田 紀房さんの作品は、一環して独特の特徴がありますし、これからもオリジナリティのある面白い作品を期待したい作者さんです。

砂の栄冠 作品内容
 「ドラゴン桜」の鬼才が久々に描く、涙と汗の高校野球ドラマ!
埼玉県西部、樫野市にある県立樫野高校では、学校創立100年の記念イヤーに野球部が夏の選手権・決勝戦にコマを進め、まさに甲子園まであと一歩!
ナインも生徒も教師もOBも栄冠へ一丸となっていた・・・・!

砂の栄冠 6巻あらすじ
センバツへの最終関門・秋の関東大会1回戦。
相手は、高校野球界の頂点と言われる超強豪私立・東横浜高校。
ノックマンがスタンドから指示を出す!
ガーソがベンチで固まる!?
1対1の同点で迎えた8回表。
「殿、ご乱心」で、まさかの捕手交代!どうする七嶋!?

三田 紀房 (著) 講談社


【送料無料】砂の栄冠(6)

軍鶏 26巻

2011.11.01(00:34)
軍鶏 26巻の感想
原作者との訴訟沙汰による長い休載を経て、再開後の新巻です。
この作品は、主人公自体が少年時代に両親を殺害したことにより入った少年刑務所で過酷な環境に身をおき、そこで出あった空手を通じてのし上がっていくストーリーなのですが、いわゆる主人公が善で成長していくような典型的な格闘技漫画とは一線を画し、一般常識で言えばあくどいことをいまだ平気で行える主人公です。

格闘技の迫力は伝わってきますが、本編のストーリーはそういう問題を含んでいるため、賛否分かれる作品だと思いますし、合わない人も多いと思います。

この巻の前半で描かれているような格闘技の迫力は、なかなか他の作品では見ることができません。

一線を越えてしまっている作品だからこそ書ける狂気みたいなものがあらわれています。

誰にでも勧められるような作品ではありませんが、新巻が出ると、手にとってしまいます・・・

軍鶏 作品内容
 収監された少年刑務所でナルシマリョウを待っていたのは、悪魔のような連中の残酷な仕打ちだった。ボロボロになった彼は、期せずして「空手」との運命的な出会いを果たす。
たなか 亜希夫 (著)  講談社


【送料無料】軍鶏(26)

GIANT KILLING 21巻

2011.10.31(00:27)
GIANT KILLING 21巻の感想
モーニングで連載中の監督が主人公のサッカーマンガの最新巻です。
前巻からの山形戦の続きです。

今回は相手も監督佐倉にスポットがあたっているので、まさに監督対決といった感じです。

選手でいえば、今回ETUには椿君がでていないので、そういう意味で期待感の高い選手もでていないため、余計に監督対決に目が行きます。

交代の意図、交代のタイミング、戦術の変更、試合の流れの中で出てくる監督が決断する場面。

最後は選手にまかせるわけですけども、その過程でスイッチを入れるのは監督の仕事。

こういう作品を見ていると、監督という仕事、とても責任は重いですけども、その分やりがいのある魅力的な仕事ですよね。

自分のチームを作っていき、高いレベルで戦っている彼らがうらやましくなります。

監督にスポットがあたった漫画が増えてきているのも、それだけ監督という立場の魅力が世の中で光っているからでしょうね。

今後も、連載中のサッカー監督が主人公の漫画の柱として、期待している作品です^^

GIANT KILLING 21巻あらすじ
 モンテビア山形の監督・佐倉が起用した“小森システム”。
達海はそれを事前に予測し対応していたが、あるアクシデントによって状況が一変、防戦一方になってしまうETU!!
キョロキョロと落ち着き無い達海だが……
窮地を打開する策はフィールドに転がってるみたい!?

ツジトモ (著), 綱本 将也 (企画・原案) 講談社


【送料無料】GIANT KILLING(21)
| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。