コミック感想 あ行

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. おおきく振りかぶって 19巻(06/22)
  3. 乙嫁語り 4巻(05/30)
  4. 王狩 3巻(12/04)
  5. おおきく振りかぶって 18巻(11/23)
  6. オールラウンダー廻 7巻(10/30)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

おおきく振りかぶって 19巻

2012.06.22(12:36)
おおきく振りかぶって 19巻
アフタヌーンで連載中の青春野球漫画おおきく振りかぶっての最新巻です。

今までにないタイプの高校野球漫画ですが、すでに大人気作品なので、その魅力を改めて語るまでもないのですが、個人個人の人との関わりあい、自分の感情との折り合いのつけ方、男子高校生なので不器用ですが、純粋で、そしていろんな経験を積んで成長していきます。

野球自体の魅力というよりは、そういう成長を見ることができるほうがこの作品の特徴です。

この19巻でも大きな過去を乗り越えます。

キャッチャーの阿部君が、シニア時代のバッテリーを組んでいた榛名先輩と。

2人ともあのときから成長して、前には気づけなかったことに気づき、許し、謝ることができる。

青春ってすばらいいですね^^

おおきく振りかぶって 19巻あらすじ
 監督は女性、選手は全員1年生。
県立西浦高校の新設野球部に集った10人の選手達は、弱気で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す! 
夏の高校野球選手権・埼玉大会準決勝。
武蔵野第一とARC学園の激闘、ついに決着!
8回裏、2点差をつけられた武蔵野。エース・榛名はARC打線を抑えるべく死力を尽くす!
一方、西浦は愛媛の強豪校との練習試合に挑む!!

ひぐち アサ (著) 講談社



【送料無料】おおきく振りかぶって(19)


スポンサーサイト

乙嫁語り 4巻

2012.05.30(00:03)
乙嫁語り 4巻の感想
普段読んでいない雑誌『Fellows!』(エンターブレイン)での連載なので単行本のみで読んでいます。
不思議な世界観のある作品なので、合う合わないはあるかもしれませんが、私はこういう雰囲気の作品も好きです。

4巻では新たな双子の少女が登場します。
その嫁ぐまでがこの巻のメインなのですが、相手も少年達なのでどこかほほえましく、こういう人生もあるんだなーというのをほのぼのと見ることができます。

あくせくしている現代日本と対極にある世界。

こういうよさも、どこかに持って生活したいな、と思います。

純粋、という言葉をいい意味で使える作品です。

まだ読んでいない方は、一度手にとって見ては如何。

乙嫁語り 4巻あらすじ
第3の乙嫁、ライラとレイリが登場!
英国人スミスは、タラスと別れたあとも目的地アンカラへの旅を続けていく。
旅の疲れなのか、馬の上から水面にドボンと落ちてしまったスミスを助けに向かったのは……!?
現在のウズベキスタンにある巨大な塩湖"アラル海"近郊、漁村に暮らす人々の生活と文化を描き上げる『乙嫁語り』第3シーズン。
本巻は作者・森薫の新たな魅力が大爆発する一冊です。

森 薫 (著) エンターブレイン

【送料無料】乙嫁語り(4)

王狩 3巻

2011.12.04(16:05)
王狩 3巻の感想
イブニングで連載していた絶対記憶の能力を持つ少女が主人公の将棋漫画、王狩の第三巻です。
どうもこの3巻で、第一部完結となっているようで、イブニングでの連載はいったん止まっています。
早く再開してくれることを期待しています。

舞台はプロへの登竜門奨励会。そこでの少年・少女の熱き戦いがメインです。

奨励会にフォーカスした将棋漫画はあまりなかったので新鮮です。

もちろん、そこを通るシーンがある将棋漫画はありましたけども、奨励会ならではのところにスポットを当てているのは・・・

プロになってからのほうの話が多いですからね。

10歳で自分の将来を決めるって、すごいことですよね。

しかし、そこまで集中しないと、どうにもならない世界。

確かに高校野球は注目度は高いですけども、誰もがプロになろうとしているわけでもありません。

奨励会は、将棋で生きていく、という気持ちがなければ入ってこない場所。

年齢は幼いけれども、自分が生きていく道をつかむために必死なわけです。

そんな熱さがつまったこの漫画。いよいよこれから、というところで休止なのは残念です。

第二部の早期再開を期待しています^^

青木 幸子 (著) 講談社

王狩 作品内容
 将棋に魅せられた少女・久世 杏。
強い者と闘うことに喜びを見いだした杏は、将棋の天才たちが集うプロへの登竜門『奨励会』への入会を果たす。
そこでは同世代の強者たちが、己の武器を磨き上げプロへの道を模索していた。
杏もまた、“見たもの全てを記憶する”という特殊な能力を持つが、その能力は「負の感情」ですら忘れることが出来ないという弱点を抱えていた。
決して使いやすいとは言えない能力で、杏はプロへの道を駆け上がることは出来るのか――。


王狩 3巻あらすじ
 奨励会員全員参加の棋戦、“新星戦”もいよいよ大詰めに!
笑い鬼・曰佐を破った杏が次に挑むのは、幼き頃からの友であり弟弟子の図南。
一方、もう一つの会場・関西奨励会では、高辻、曰佐と並ぶ天才・園川圭一が決勝進出を決めていた。
遠見え、早見えの千里眼と恐れられる園川が待つ決勝の舞台に進むのは、果たしてどちらか――!?


【送料無料】王狩(3)

おおきく振りかぶって 18巻

2011.11.23(07:57)
おおきく振りかぶって 18巻の感想
アフタヌーンで不定期連載中の高校野球漫画の最新巻です。

友情、努力、青春の魅力がつまったこの作品。

主人公三橋の卑屈さは、読んでいる人もイライラするぐらいですから、彼のチームメイトである高校生の男の子がイライラしてもおかしくないのですが、少しずつ彼の個性が理解され、まわりともコミュニケーションができるようになりつつあります。

個性と個性の相性というか、ぶつかり合いもこの作品の魅力の1つです。

18巻では、スタンド観戦する主人公チーム。

今試合しているのは、キャッチャー阿部のかつてのチームメイト、ピッチャー榛名。

自分を何よりも大切にし、チームのことなどお構い無しだった彼の、今の違う姿にとまどう阿部、そしてその彼の心境を思う主人公三橋。

普通の野球マンガって、こういう部分のメンタルというか心情の部分ってあまり追わないと思いますが、この作品は違います。

野球のシーンよりむしろ、こういう内面を描くほうが多い作品です。

その部分があわない人、もっと単純なスポーツシーンに魅力を感じる人には、まどろっこしく感じるかもしれません。

私は、そういう内面まで丹念に描いてもらったほうが、感情移入もできるし、面白いと思っていますので、毎巻この作品は楽しみに読んでいます^^

おおきく振りかぶって作品内容
 監督は女性、選手は全員1年生。
県立西浦高校の新設野球部に集まった10人の選手たちは、弱気で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す!! 
試合や練習を通じて成長していく選手たちのまばゆい姿。
最新のスポーツ科学を下敷きに描く、全く新しい野球の面白さ。
丹念に描かれる青春の情動。そのどれもが日本中から熱烈な支持を集める、今いちばん面白い青春スポーツ漫画!!

おおきく振りかぶって 18巻あらすじ
 夏の高校野球選手権埼玉大会、準決勝。
シニア時代、阿部とバッテリーを組んでいた投手・榛名擁する武蔵野第一と、優勝候補・ARC学園が激突!
序盤、ARCにリードを許した榛名は、自分の本気の球を捕れる秋丸を捕手に指名。
本来の投球を開始する!
武蔵野の猛追は、ARCに届くのか!?
一方、チームのために全力を尽くす榛名を、スタンドから見つめる阿部……その心中は!?

ひぐち アサ (著)  講談社


【送料無料】おおきく振りかぶって(18)

オールラウンダー廻 7巻

2011.10.30(10:19)
オールラウンダー廻 7巻
イブニングで連載中の格闘技漫画の最新巻です。
割とストイックな感じの格闘技の雰囲気と、主人公が高校生ならではの青春ぽさが同居している作品です。
こういうタイプの漫画、結構好きです。

この7巻では主人公の廻が所属するジムの女子選手達の大会での試合の様子がメインなため、ちょっと今までは雰囲気が違います。

しかし作品全体の世界観を壊すような脱線ではないので、楽しく読めました。

実際に格闘技が好きで、学生さんや働きながら真剣にこういう分野の格闘技を追求している人が、世の中にも結構いるんだと思いますが、好きなことを仕事にする難しさ。

趣味として続けていくことのやりがい、難しさ、楽しさ。

そういう部分も感じさせてくれる漫画です。

廻の成長だけでなく、いろんな展開が考えられるので、今後も期待したい作品です^^

オールラウンダー廻 7巻
 関東選手権が終わり、日常に戻りつつあるファイターズ・ブリューの面々。
そんな中、アマチュア・キックボクシング大会への参戦が決まったマキ。
一方、ジムに顔を出さなくなった勇大を元気づけるため、桃子は柔術の大会で優勝することを約束する・・・。
可憐なる女子高生格闘家たちの闘いが今、始まる!

遠藤 浩輝 (著)  講談社



【送料無料】オールラウンダー廻(7)
| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。